3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る

640.jpg

羽海野チカさん原作の「3月のライオン」実写版をレンタルして観ました。
3月のライオンというタイトルはイギリスのことわざから来ているんですって。深いなあ。
神木君はすごいね。
ぴったりですね。
ミスキャストと言われていた、有村架純も別に作品を見ているうち気にならなくなった。

御存じのとおり、将棋ものです。
別に将棋がわからなくても、とても楽しめる映画です。
私は漫画を読んだことがありませんが、アニメを見たことがあるので、ちょっとだけストーリー知ってます。
キャストも豪華で、とてもうまくできていたと思いますよ。
3月のライオンは、とても感情面を細かく丁寧に描いております。
将棋は勝負となれば孤独な戦いです。
棋士たちが、なにを考えながら何を背景に背負いながら戦っているのか、主人公らを通して話が展開していきます。
主人公の桐山零は両親を事故で失い、父の友人だった棋士の家で育てられます。
そこにいた、子供たち二人もプロの棋士を目指しておりました。
その家では生きるすべは将棋だったんですね。
義理の父親も不器用な人だと思いました。
やがて、主人公だけが頭角を現し、家族が崩壊していきます。
その姉役が有村さんね。

プロになって独立した主人公ですが、まだ高校生。
将棋盤とかわずかな家具がある部屋でもくもくと棋譜を並べる毎日。主な食糧はカップ麺。
独立したとはいえないですよね。家を出るのは仕方なかったんですけど。

やがて、友人と呼べる人ができたり、たまにご飯を一緒に食べてくれる三姉妹に出会ったり、だんだん人間関係が形成されていき、主人公も人間として成長していきます。
というか、自分の周りの人々をようやくみることができたんだと思いました。
自分の世界に閉じこもっていては、孤独なままですね。
もちろん、壁を最初に壊していったのは多少おせっかいな人々ですが(笑)
勝負のシーンもつまらなくならないよう、描いてましたし、この実写化は成功してる方だと私は思いました。

アニメも始まるし、気になる作品ですね。

一輪の薔薇の物語。

320.jpg

ディズニーアニメの中で一番好きなのは「美女と野獣」です。
これだけは、録画してあります。

――誰がこんな野獣を愛してくれるだろうか。

本当は映画館行きたかったのですがレンタルでようやく観ることができました。
ほぼアニメに忠実でしたが、アニメでは描かれてない、
ベルの母親がどうやって亡くなっていたのか、とか。
どこの国の話なのか、とか(フランスですって)
城が呪いにかかることで周りの国などはどうしていたのかとか。
そのほかにも補足シーンがある感じがしてとても楽しめました。

二人が仲良くなってポット夫人が「何かが芽生えているのよ~♪」
なんて歌っておりましたが、言葉にしない美学があるなあと子供向けじゃなかったんだなと今更にして思いました。
もちろん、子供も教訓がたくさんあっていいと思うのですが。

一度実写映画されてますが、やはりディズニーアニメの影響がすごいですよね。
音楽とかもアニメと同じだったのは良かったです。
アニメの曲どれも綺麗ですし耳に残ります。
黄色いドレスを着てホールを踊るシーンは美しいですが、あの食器たちがテーブルの上を飛び交うお持てなしシーンはよく再現できたなあと思いました。
これはCGが光ります。
呪いが解けるシーンはとてもいいですね。
感動しました。

まだ見ていない方は是非。
見比べるのも楽しいですよ!

それでは、また。

韓国ドラマ「シグナル」に、どはまりしてた話。

top_img_bg.jpg

ちょっ、画像でかいですね(笑)
とはいえ、この画像くらいに数週間、私と家族の頭の中に巣食ってました。
ほんとうに久しぶりに続きが大変気になるドラマでした。
内容は、

警察のプロファイラーのパク・ヘヨンはある日、廃棄処分寸前の壊れた無線機から聞こえてくる声を耳にする。
声の主は15年前の未解決事件を追うイ・ジェハン刑事だった。
時効まであと数日となったその未解決事件の有力な手がかりを、無線を通じてジェハンから教えられたヘヨンは、かつてジェハンの後輩だったチャ・スヒョン刑事と共に事件を解決。
その後も、ヘヨンは半信半疑のままジェハンとの交信を続けるうち、彼が過去の人間だと知る。
一方、スヒョンは15年前に失踪したジェハンの行方を捜し続けていた。
(公式サイトより)

そう、過去の刑事と無線で繋がるわけですよ。
未解決事件がそうじゃなくなるかも!?って話です。

これに似た映画で「オーロラの彼方に」という映画があります。
あれは消防士で火事で無くなった父親とその息子が無線で繋がる物語。
そして、こちらも難事件を解決することになるんです。
とても好きな映画で自己ベストの上位に君臨する映画です。
この映画が好きな人は「シグナル」も楽しめると思います。

けど、誰かを助けても別の形で誰かが死んだりして「シグナル」の主人公パクも悩みます。
お互い、知っているのに助けられなかったり、間に合わなかったり、権力に負けてしまって動けなくなったり悔しい面もあります。
それでも、あきらめない。
たったひとつの活路が、あるわけですよね。
伏線の回収が見事ですし、テーマも良かったし、事件の真相も気になって止まらなかったです。
無線が繋がった過去の刑事イ・ジェハンが冒頭で死んでいるので、彼に助かってほしい一心で見てました。
古い熱血刑事さんぽかったですけど、とてもかっこいいです。
美形とかそういうじゃないです。
おかしいことに、おかしいと自分を犠牲にしてでも言える、行動できる姿に胸が熱くなりました。
ちょっとだけネタばれ言いますと。
最後のオチだけ「で、どうなったの!?」というオチだったので続き希望します(笑)
続きがありそうな終わり方をしました。
オーロラの彼方にはめちゃくちゃいい終わり方してます。
そこがいい。
実はこれ、また海外ドラマでシリーズ化するみたいですね。
映画では主人公が息子だったのを娘にするみたいです。

話がそれましたが、このシグナルもうひとつの見どころがありまして。
シグナル公式サイトにて人物相関図を見てください。
右にいるキム・ボムジュがすごく「スカッとジャパン」の嫌味課長の木下ほうかさん激似なんです!
で、同じように嫌味で小心者で、権力に弱い悪いやつです。
動く姿は更に似てますので面白かったです。

母と次女と私がどはまりしていたので、帰宅してからすぐに見てました。
帰宅して観る帰宅して観るの生活は正直疲れました。
韓国ドラマは一話が長いので、目が疲れますね。
あと韓国ドラマの日本語吹き替えが好きじゃないので字幕版を好んで見てます。
洋画の字幕はいいんですけど、韓国ドラマは違和感あるような気がします。

終わってほしくないけど、早く観終わらないと体力の限界が近づいてました。
観終わったあと、とても寂しかったですけどね。

それでは、また。

10/1関西コミティアへはせ参じた記録。

IMG_0971_convert_20171008230255.jpg

久しぶりのブログなので、パソコンから写真つきで日記書く準備に苦労しました。
毎日、文字を書いていきたいのですが、なかなかうまくいってないです(^_^;)

関西コミティアに買い物へ行くのも久しぶりでした。
途中まで、行く予定ではなかったです。
でも、天気もいいし、妹も行くというし、予定もなんとかなりそうなので参加した次第です。
11時くらいに並べたのですが、人も多く活気がありました。
OMMビルでの開催でしたが、五月のときはインテ大阪だったようですね。
確かにこのくらいの規模ですと、もうそちらの方がいいのかもしれないです。

とはいえ、過去に売り側として参加したことがある身としては、駅直結のOMMビルの方がいいですね。

友達が参加しておりましたので、寄らせていただきました。
ます@レインボーさんです。
真魚いづさんに新刊の説明とかしていただきました。
こちらのサークルでは「EPITAPH(エピタフ)」シリーズを続々と刊行しております。
ものすごい、スピードです。
とても、かわいい表紙で、読みやすいシリーズだということで2巻まで購入。本当は更に出てます。
でも重版されるということで(すごい)そのときに一部訂正されるバージョン送るよ、と言ってくれましてありがたい限り。
まだ、未読ですが、順に読ませていただきます。

後は時代小説とか短編漫画とか買わせていただきました。
短編漫画買わせていただいたときに、あまりに綺麗な絵だったので「やはり、漫画家とか目指している方ですか」とつい
尋ねてしまいましが、失礼なことにすでに漫画家さんでした。
関西コミティアはプロが混ざっておりますから、気をつけねばなりませんね。
申し訳ありません・・・・・・。

関西コミティア、以前はグッズがたくさんあったような気もしますが、規制があるのでしょうか、今回はだいぶ減っておりまして漫画をや小説などを置いていらっしゃる方がいて、選ぶのは迷いますね。
短時間では見切れないと思います。
グッズもいいですが、やはり背景にオリジナルの物語がある方がわくわくします。

創作に定期的に触れなくちゃいけませんね。
今回も行って、やっぱり自由で楽しい世界だなと思いました。

それじゃあ、また。



砂浜の生き物を観に三重県立美術館へ。

テオ・ヤンセン展を観に、三重県立美術館に行ってきました。すっかり季節は秋めいて、鱗雲が頭上を覆ってました。
本日はいい天気でした!テオ・ヤンセンさんとは風で自動的に動く生き物に似た人工生命体を創るオランダのアーティスト。
某製薬会社のCMにも使われていましたよね。
砂浜を動く大きな生き物。彼はそれを「ストランドビースト」(砂浜の生き物)と名付けました。その進化の過程が三重県立美術館で体験できるわけです。ほら、中二病くすぐられるでしょう(笑)
人類がいなくなっても、彼らは自動的に動き続けるのだ――なんて、言葉が勝手に頭を駆け巡ったりしますよね。しないか。
ともあれ、テオ・ヤンセン展は今回三重でやって、次に沖縄、そしてもう海外に行ってしまいます。
日本でしかも三重でやるなんて奇跡的だと思ったので、慌てて行ったわけですね。
今月の18日までやってますので、まだの方で興味ある方は是非、足を運んでみてくださいね。
撮影OKですし、実際に触れてしまいますv

01f2e2110f8095198760a0bb8bbbd896776361ae4a.jpg
面白かったのは、ビーストたちを生き物として展示していたことです。まるで恐竜の化石みたいですね。
01e00617de814e70e90f0c15157a84ee0ae17d5dbb.jpg
イモ虫のような動きをするやつです。
01d53503a0552bfdf7b78e138d03d8a0203a3f4641.jpg
手で触れることができます!
01d161d9d7cef9d8b512b607055b10eeb5f1341042.jpg
入ってすぐに大きな展示が目に入ります。巨大な生き物。
01aa0b1edd1b9bd71b3b085c56f4aaaffd8c69a7ae.jpg
説明が面白いです(笑)
01ae6b219a68a97b4f0c4c92883f78a42c7270efd3.jpg
010dd5d761f92f1db6a565dcf476da58927d0bc410.jpg
これらは部品ではなく、細胞や体の一部。
しかし、すごい人気ぶりで駐車場がいっぱいで少し遠くのところに誘導されました。それでもいい方で、あと少し遅かったら、もっと遠いところに停めなくてはいけないところでした。10時くらいについて、それですからね。美術館は9時半から開場でした。
公共機関を利用してと言うわけです。
あと、実際にビーストを押して動かせるコーナーがあるのですが、長蛇の列で、あきらめました(^_^;)
ぜひ、動かしたい方は早めに行くことをおススメします。それか、閉館ぎりぎり?
お土産コーナーもありましたが人気なものは売り切れてしまいますので、それも注意ですね。
Tシャツがいいデザインのありました。私はポストカード買いました。
誰か残暑見舞い送ろうかな♪
014c023acfcecc078e1607357b384c4b36efcec409.jpg
お昼は近くのイオンタウンにてラーメンを食べました。博多ラーメン。おいしかったです。美術館にレストランはあったのですが、フランス料理店は予約で満席でした。残念。

今回、夏休みは終わってますが、日曜日とあって子供連れが多かったです。
家族で楽しめる美術館ですね。
私は妹たちと参上しました。
インプットです、インプット。
すごく、創作心に刺激を受けましたので、たまには美術館っていいなと思いました。
気軽にこういったイベントごと参加してみたいと思います。


▲ページトップに戻る