FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭師、キング。

私はとても疲れているとき、お風呂あがりに動画で音楽を聴きます。
聴きながら、顔などに化粧水をぬりつけます。
もう加齢のためパパッとした手入れではすまないため時間かかってしまいます。

それはさきおき。
最近のお気に入りは平沢進さんの「庭師KING」
働け、KING 庭師 KING~♪という妙に耳に残る音楽なのです。

音楽を聴くと物語が浮かびます。
庭師の話。

とても統治が長い王国。
王様は庭師を雇っております。大柄で無口な大男。
男は、もくもくと高大な庭を手入れしております。
王様は統治に長けているわけではありません。
ですが、反対意見を述べるものは、惨殺されます。斧で首をとられた者もいました。
それの調査で雇われた主人公。
王の反対意見を述べた大臣や、町民役員が殺されていくのはおかしい。

王が雇っている庭師。彼は契約した魔物でした。
人に化けているが、実際彼は悪魔で王家と契約しているのです。
王の広大な国という庭を手入れしているにすぎません。

ところが、この庭師。王が殺せと命じていなくても人を殺すようになります。
庭師は庭師で何か思惑があるようで――。

ここまで考えまして、本当の王様は庭師であるのでもいいなあと思いました。
王様は傀儡なのです。

あと未来がわかるため、自分の邪魔をするであろう者を先に殺している設定でもいいかもしれません。
とすると、主人公は未来人。
出た、ドラえもんでおなじみの未来パトロール(笑)

ここまで思考が巡りましたがそもそも、平沢氏の音楽「庭師KING」は当初から国という庭を指しているのでしたね。
私が考えたわけではなく、タイトルがそうでした。
つまり、音楽から引用したとしても没ですね。平沢氏の設定ですから。

明日も早いのでもう寝ようと思います。
久しぶりにお話を思いつきましたが違ってしまいました。

では、また。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。