スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼は外。

俺は見た目チャらいとよく言われるけれど、こう見えて霊感体質である。
幼い頃は大人たちに「ねえ。どうしておじいちゃんの分のご飯がないの?」と葬儀のとき尋ねたりして怖がらせていたが、高校生にもなると無視を決め込むことになれてきた。
目の前にまで迫ってもいないという風に視線を合わせないことができる。
まあ、こちらが注視しなければ奴らが迫ってくることはない。基本かまってちゃんなのだ。
で、俺の霊感体質はその死んだおじいちゃんから来るものみたいなのだが。
おじいちゃんがいつも言っていたのは、節分のときは外で遅くまで遊ぶな、ということだった。
みんなが邪気を払い、豆をまき、鬼を追い出すことによって三日の夜は街は鬼だらけらしい。
その話を聞いたときは夜眠れなかった。
窓の外をみることもできないくらいびびった。
なんせ、俺はまだ幽霊はみたことがあっても「鬼」という類はみたことがないからだ。
おじいちゃんは「人みたいなものだ」と言った。
なんだ、人の形をしているなら怖くないなと思い直した。
そんなことを、ふと思い直したのは友達とカラオケに行って夜更けまで遊んでしまったからだった。
「あ。もう10時まわってたわ。親に連絡するの忘れてた」
友人の中島が時計を見て言った。いい時計をしている。
そのいい時計が10時を指しているのだから間違いない。俺も携帯の画面を見て「しまったー」と思った。
でも、子供の頃聞いた話だ。
それに世間は恵方巻きに夢中で今時豆などまいていないだろう。
何を怖がる必要がある。
俺は中島と別れて、一人住宅街を歩いた。
おにはーそとーふくはーうち。
という台詞は聞こえてこず、辺りはしんとしていた。もう眠っている人がほとんどだろう。
明日は平日だ。
白い息を吐く。空は静かにこちらを見下ろしている。何か妙なものと目があいそうになって自然に視線をおろす。
冷えるのは冬のせいだ。
急に音が消えたのも夜のせいだ。
何故か五感が緊張してきたのも。
俺は自身が何かを恐れて察知していることに気づいた。
足を思わず止めてしまう。
家の前で黒い影が猫背で一軒の家を見ている。
玄関を見ている。
灯りのともっている玄関から中をじっと見ている。
ちょうど、家の中からの灯りから離れている位置。それ以上近寄れてないとでもいう風に立つそれは俺よりも小柄だった。
でも、獣でもない。
二つの目がこっちをみた。
俺は動けなかった。
その何者かは走って逃げた。
そして、三軒先の家まで走って家の敷地に入っていった。
俺は金縛りからとけたように動きだし、影のあとを追う。
そして何気ない風に入った家の表札をみた。灯りが消えている家。
別にそれだけのこと。
数日後。
その家が放火されたと報じられた。
俺がみたのは犯人だったのだろうか。じっとこちらをみる爛々とした目。
下見をしていたのだとしたら。人。
おじいちゃんの言葉が浮かんだ。
「人みたいなものだ」
人かもしれない。人だとしてもぞっとするし、鬼だとしても同じことだ。
事件は怨恨による放火かもしれないということで報じていた。
俺は節分の日は夜出歩くことをやめた。
恵方巻きも毎年食べることにする。
迷信かもしれないが、昔の人が言うのだし――とにかく、俺は怖くてあの目を忘れることができなかった。
おわり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。