スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ドラマ歩く屍シーズン7の前半まで観ました。




歩く屍。ウォーキングデッドのことです(笑)

シーズン7の八話まで観ました。
ネタバレ含むかもしれませんので嫌な人は読まないでくださいね。

ニーガン編は長いですね! 救世主って名前をだいぶ前から伏線張ってたのでそうなるだろうとは思ってましたが。
とにかく、残忍な敵です。
あらすじを申し上げますと、ゾンビだらけになってしまった世界(どうしてそうなったのかはいまだ不明)で人々は、コミュニティを築いたり物資を奪い合ったりしてサバイバル生活をしておりました。
で、そんなコミュニティから物資を税金のように徴収している悪い奴らがいました。
組織が大きく、トップのニーガンのやり口が怖くてみんな我慢してます。
やり方としては、各コミュニティから人質をとったりしてます。人質がいるので、攻撃できないようにしたり。
または、物資さえくれれば攻撃をしないという契約をしたり。
ニーガンの拠点でも人々はポイント制で、奴隷のように働かされてます。
何人も妻をめとったり、絵に描いたような悪いやつです。
でも、アホじゃないくてすごく人の心理を操るのがうまいのです。
恐怖心や、洗脳をいともたやすくやってしまうんですね。怖いですよ。
いつも、ニコニコしててよくしゃべる。機嫌よくしているかと思いきや、いきなり人を殺したりもします。
やっかいな敵なんですね。

私が観たところまででは、主人公らリックもシーズンの冒頭で二人も仲間を殺されてしまい、言うことさえ聞けば仲間は守られると思って我慢しようと思ってました。
でも、息子が組織に単独で乗り込み、主人公不在のときに家にまで来て、拠点の人間を殺したことで、このままではいけないんだと気付く、までです。
ようやく、他の拠点にいた仲間、マギーと合流、捕まっていたダリルらとも再会。
ダリルが逃げ出せたのは良かったとほっとしました。
これで、人質いないじゃん! と思いましたが、忘れてました。代わりに弾丸作れるとバレテしまった、ユージーンが人質に……。

とはいえ、ようやく八話でリックが復活しましたので(仲間が死ぬとしばらく動けなくなる)次から反撃開始ですね。
人が死んでばかりのような気がしますが、いつかはどのキャラも死ぬのかもしれないのでハラハラして観てます。
推しが死ななければいいのですが、ってたぶん観ている人はほとんどダリル推しのような気もします(笑)
この話はハラハラして観れるし、内臓とかの描写がリアルだし、生きる強さをもらえるような作品でもあります。
続きがとても気になる展開ですしね。

でも海外ドラマでよくあるのが、最初のシーズンのキャラが主人公以外ほとんど残ってないパターン。
これだけは止めてほしいですね。
ERとかも酷いですしね。クリミナルマインドはお金の問題でキャラが消える可能性があると母が言っていました。
ホッチって主役じゃないの?

話はそれましたが、ゾンビの続きを楽しみにしていようと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。