スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひるね姫、面白かったですが。

001l.jpg

アニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」をレンタルして観ました。

あらすじはオフィシャルサイトから引用します。

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。

進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、おさななじみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。

ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。


夢と現実がないまぜになる話。
なんてファンタジーだと思いますが、そこは神山監督。
東のエデンや攻殻機動隊の監督というだけあって、とても、現実的で辻褄があうファンタジーでした。
ファンタジーが矛盾が生じているわけではありませんが、子供が観るには少々、難解な設定だったように思います。
例えば、夢で自分は幼いお姫様でタブレットを使えば魔法使えます。
で、夢で車に命を与えて幼馴染のモリオと一緒に、空を飛びます。
岡山県にいた二人ですが、夢から覚めて気付いたら大阪。
あれ? 夢の移動距離が現実にも反映している? と思うじゃないですか。
しかし、それは乗っていた車が自動操縦機能がついていたわけで。

東京オリンピック3日前。
自動車メーカーが主人公ココネの持つタブレットを狙うのはこの車の自動操縦のコードが欲しいからなんですね。
オリンピックで、日本の技術を見せつけるやつあるじゃないすか。
そこで自動操縦車お披露目の予定なんですね。
でも、うまくいかない。
昔、会社を辞めた会長の娘が技術を持っていた。
そのタブレットはどこだ――。
……てなわけで、夢でもメーカーの者が悪者として現れます。
同じ顏のやつが同じようにココネを狙います。
これは、ロボットと車と夢と現実の話なんです。
たぶん、神山監督からしたら、かなり緩めに作った若い子向けの作品だったと思うのです。
君の名は、に続けということも、もしかたら言われていたのかもしれません。
ところが、これはかなり観る年齢層が限定される印象でした。
子供向けのようで、子供向けではない話。
自動操縦のコードを巡って、また大手自動車メーカーの親子の確執(ココネの母と会長)、本当のワタシ探し……。
本当のワタシ探しとありますが、ココネには迷いがありません。
しいて言えば、両親のことをあまり聞いてないなあということだけでした。
ココネはちょっとヤンチャなお父さんに育てられ、母もいなかった為、とても自立した少女です。
これも、萌え要素がなく失敗のような気もします。
主人公普通の子です。幼馴染のモリオ(大学生年上)を使う使う(笑)
と、いうわけで、君の名はみたいに女の子らに萌えがなく、おっきいお兄さん一部客層から減ります。
モリオとのラブ……もありません。一緒に冒険しますが、途中からお父さん参入。
お父さんも重要な立ち位置です。お父さんかっこいいですよ。
声は江口洋介さんですしね。
けど、せっかくいる幼馴染モリオが途中から影薄くなります。
てなわけで、胸キュン目的の若い女の子も観なかっただろう思います。

……つまり、アニメの萌えじゃなく、純粋に作品の構成を見るマニアな人か、メカ好きか、神山監督が好きな人は観たのではないでしょうか。
これだけディスってますが、総合的にみて、よくできたアニメでしたよ。
面白かったです。
二時間もある大作ですからね!

ただなあ。
萌えがない(笑)
この監督は潔く、大人向けのちょっと小難しいクールな近未来的な話を作った方が受けると思いました。
ちなみに東のエデン、良作ですから。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。