スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい漫画「北北西に曇と往け」



表紙に惹かれて買いました。
昔の少女漫画を思わせる海外が舞台。アイスランドですって。いいなあ。
手法もどこか懐かしさを思わせますが、新しい感覚もありとても、絵柄が綺麗。
動きもよくて、ドラマみてるみたいです。

車と話せて(ちょっとファンタジー)美女が苦手な主人公、17歳日本人の表紙の青年が主人公。
探偵やってます。
祖父がモテて、若い彼女います。美人。
その美人の人のところにも主人公と同じくらいの美人がいます。
この作者の描く女性は色っぽいですね。
男性も色っぽい。
前作は「乱と灰色の世界」という漫画を描いてました。
妹が買っておりましたが、私は未読です、すみません。
妹から言わしたら、少しお話の展開が合わなかったようですね。
今作はどうでしょうか。
一巻は面白かったですよ。
主人公に弟がいるんですけど、殺人の容疑で追われてます。
そんなはずがないと、主人公は合流できるのですが、どうやら彼は嘘をついているようで―という感じで終わってました。
ちょっと、気になりますよね!

注目作品です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。