キノの旅もアニメ化リベンジです。

1507190292_1_1_3cab586da5486d202f6187aaef8be6b7.jpg

決して、黒星紅白さんのイラストがいけないわけではない。
ですが、アニメ向きとそうではないのがありますよね。

前作は、忠実に原作の雰囲気を壊さないように童話的な感じにしておりました。
でも、読者の頭の中には華麗に動くのキノがいたので、どうしてかつまらない印象になってしまっていたように思います。
少なくとも、私はそう(笑)

てなわけで奇跡が起こってですね、キノの旅もこのたび、再び、アニメ化なんですね。
一話を観た感想としましては。

「いい!」

です。アニメ向きのキャラデザ、構成。
非常に見やすいです。
ただ、モトラドの声は攻殻機動隊のタチコマみたいな女性の声が良かったなあと思ったりします。
好みの問題です。
キノの旅は、寓話的でありながらテーマが深いですね。
考えさせられる話が多いです。
人を食べている人らの話も怖かったなあ。
あの人のストーカーっぷりは楽しめるのだろうか。
師匠たちの話も好きだなあ。
でも、なんといってもキノの生い立ちの話ですね。
続き、楽しみにしてます。

原作、途中までしかないけど、続きを買おうかなと思いました。
電撃文庫でリベンジアニメしてほしいといえば「ブギーポップ」ですかね。
あとアニメ化してほしいのが「キーリ」。これは名作はやで。
福岡の方でイラストレーターさんの個展やるみたいで、キーリのイラスト祭りみたいです。
行きたい。でも遠い。

今年の秋はアニメファンタジー対決してますね。
魔法使いの嫁もやりますしね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る