文学フリマ大阪行ってきました♪

どうも。
こんばんわ、高瀬です。
女子会とかしつつ、とある公募の推敲朝にちまちましつつ、なんとか生きてます。
三連休。
土曜日に美容院に行ってきました。
翌日、文学フリマに行こうかなあと思っていたからです。
しかし、文学フリマは直前まで行くことを迷っていました。用事が埋まらなければ行こうかな、ぐらいです。
案の定、埋まりませんでした。妹らは前日に母と人形展示会に京都へ行ってきてました。
私も秋のお出かけがしたくなったので、今回は珍しく一人でお買いもの~。
ひとりで電車に乗っていくのは気軽でした。ウォークマン忘れたのは痛いのですが。


道中、このようなポスターをみかけました。
ひとりで電車に乗って楽しくなった私は一人で行くイベントごとを増やそうかなと思いました。
この妖怪展もおもしろそうです。
以前に行きたかった舞台がありました。「ウィキッド」というミュージカルです。
そのときは、またやるだろうと思っていましたが観劇好きな友人にいわせると次に日本でやるのは十年後らしいです。
やっぱり、行きたいなと思ったときに行くべきでした。
実は今回の文学フリマ大阪もこの話をしてから決めたようなものです。
お金と休みと体力があって、少しでも行きたいと思うなら行っておくべきなのです。
いつでもいいや、次回でもいいやなんて考えてると次はいけないかもしれません。
最近、刀を持った少女の話を描きたいと思ってました。意外と少女が刀を持って妖怪退治する小説ないんですよね。
ってことで、この妖怪展はかなりタイムリー。
妖怪ウォッチも入っているらしいですね。人にすすめられたばかりだったのでこれまたタイムリー。



友人サークルが出展しますので差し入れを買うために早く家を出ました。
腹が減ったような気がしましたので、駅内のパン屋で軽食。
おいしかったよ。モーニングセットにするつもりなかったのですがモーニングになさいますかという店員の言葉につい「はい」と答えておりました。ゆでたまご付き。喉につまりそうになりました。
おいしかったです。隣りに韓国人の方々が席につきました。
韓国ドラマみたいだなあと思って聞いてましたが言葉がわかることはありませんでした。




だいたい11時半くらいに付きました。上の写真は昼に食べた屋台の「ニタカリー」雨が降る前に食べおえて良かったです。
おいしいのだけど、食べるところがないので困ります。

で、入場無料の館内に入ります。冊子をいただきまして友人のところへ。
ます@レインボーさん。
真魚いづさんと早生しあさんのサークルです。
イラストは真魚いづさん、小説は早生しあさんです。
既刊本はすべて買わせていただいておりますがしばらくイベント自体行ってなかったのでたまってました。

「7番目の敵」「世界の終りのお伽噺①・②」「エピタフ」「ゲシュペンブルクガイド」
しおりもいただきましたー!ありがとうね。

で目当てのサークルさん「朝までナマステレビ」ここの作品は完成度が高く感動もできます。ひっそりと(そうでもないのかな)活動されておるようですがファンが多いと思います。
以前、気になっていた「東京フラッパーガール」という本も購入。二巻は電子書籍でもあるようです。
昭和初期設定素敵です。こちらでは店頭に着物を着た女性とその方の娘さんと思わしき少女がいて彼女が本を「ありがとうございます!」と手渡してくれた。
それだけでハッピー。
あとトナカイの森さんにて幻想小説「カンテラを灯す夜」購入。
かわいい装丁ですが中身は不気味だったり怖かったり悲しかったり、といった不思議な短編集。
もう読んでしまいました。テーマは「死の幻想」。
少女こなごな、さんというサークルにて「HAPPY MARRYEND」というかわいい表紙の本も買いました。
横文字になってまして洋書みたいですよ。内容が素敵だったので買いました。少々お高めですが買いだと思いましたよ。
あとは無配をたくさん頂きました。
あわわ、これが無料なの?!と驚きますよ。
以前、私が出たときは100円で売りましたが冊子は無料で配ろうと思いました。
20Pくらいあって表紙カラーでも配ってるんですよ。
でも作ったからには読んでほしいですもんね。お金じゃない(笑)
先ほど、ツイッターで呟きましたがイベントに次回(いつになるかわからないけど)参加するときに取り入れようと思ったことがあります。
①無配。冊子とペーパーあれば尚よし。
②表紙の裏には説明文か帯。できたら帯。
③適正フォントサイズ。内容面白そうでも読みにくいと、もう読まない。
④美しい表紙。イラスト頼めるなら頼んだ方がいいと思います。カラーは必須。見本置き場に本がたくさんありすぎて、手にとってもらうだけ難しいことになってます。
⑤接客。接客すれば立ち読みできんという意見もあるけど、見本のところで既にしているから、あとはもうこっちから売り込んだ方がいいと思う。ペーパーはけたら作ったかいがあるじゃないすか。後で読んでもらえるかもしれないし。
……ちなみに安定のサークルは別に⑤は気にしなくていい。
⑥立体的な棚づくり。できたら、かな。
⑦ネット戦略。集客のほとんどはこれにつきるのではないだろうか。立ち読みして買っていただくのは難しいためあらかじめ、固定客を増やすべき。あと前にも言ったけど友人とか知り合いには「本出した」と言っておくべき。
⑧こまめにイベントでること。実は朝までナマステレビさんはイベントで見かけてためしに買った本が良かったのだ。また立ち寄って他の本も買ったらそれも良かった。そんな風にじわじわファンにするのだ。

とまあ、こんな感じです。
面白い話をつくるのは前提ですよ。



今日の戦利品。
本格的な雨にならないうちに帰れたので良かったです。
イベントに行くと本を作りたくなるんですよね。
その前に楽しい物語を書かないといけません。
それでは、今回はこれにて失礼いたします。
また、本の感想はあげるかもしれないし、あげないかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る