怖い映画ってしばらく尾をひきます。

久しぶりに観たことを後悔する映画でした。
お化けが「わっ!」といきなり出てきて驚かすような映画じゃないです。人の「業」や「念」みたいなものの方がよっぽど怖いのだと思いました。
住んでいる土地のことは知っておいた方がいいです。


概要(シアターより)

原作である小野不由美作「残穢」は、2013年に第26回山本周五郎賞を受賞したホラー小説です。2012年7月に単行本が、文庫版は2015年に新潮文庫から刊行されました。

実話とフィクションが混じり合ったドキュメント・ホラーという形式の作品であり、作中に登場する事件の中には実際に起こったものも含まれています。また、小説家である〈私〉が読者からの投稿を元に怪談を執筆しているという本作の設定は、そのまま小野不由美本人とリンクしています。

あらすじ(シアターより)

ある日、読者からの投稿を元に怪談を執筆している小説家の〈私〉のもとに一通の手紙が届いた。

「今住んでいる部屋で奇妙な”音”がするんです。」それは、読者である女子大生の久保さんからの手紙。好奇心を抑えられなかった〈私〉と久保さんは、その「奇妙な”音”」について調査を開始する。そのマンションの過去の住人達が数々の事件に巻き込まれていたことが明らかになり…。

やがて二人は、数十年にわたる戦慄の真相に辿り着き、さらなる事件に巻き込まれていくことになる。

ぎゃー! とかないのに本当に怖かったです。
観終わったあと、私は一人になるのが怖かったです。そのくらい映像を思い出したりしただけで恐ろしい映画でした。
最初はまるで「リング」のように淡々とマンションのある土地の歴史を逆ぼっていきます。
そして、その土地で起こったことは違う土地で起こった恐ろしい事件のことに関連していたのです。
これだけ見たらまったく怖くないですよね。
ホラーというのは実際に自分の身に起きてしまうのではないか、といった想像力をかきたてるものが怖いです。
いるはずもない、起こるはずもないと考えるとまるでファンタジーの世界。
この映画でも、その土地ですまなければいいのではないかと思っていたのですが、タイトルの「残穢」からぞっとしてしまうのです。
穢れが残る、と書きます。つまり土地に起こった人々の念がずっと残り、後世の人に影響を及ぼすということですね。
けれど、事件を追っていくうちにそれだけが言いたいホラーではないと気付きます。
「どこかで聞いたことがあるような怖い話。そういった話を聞いてもいけないし、話してもいけない。それはとても業が深く、触れれば祟られる」
ここに落ち着くのです。怖い話の発信源って絶対追ってはいけないんだなって思いました。
人の恨みが一番怖い。

で、この日記を書くにあたって小野不由美が実際にあった事件とか小説にいれたという事実に驚きました。
だとしたらこの映画みただけでやばいのでは(^_^;)
この映画は実際に幽霊が何か所か映ってます。その事実も怖すぎです。

これだけ怖い映画はリング以来です。
映像がまるで「悪夢」を連想させます。監督もみせ方うまいですね。


……と、話は変わります。

創作話。

コバルト短編は6月度は無理でした。
8月度出せたら出そうと思います。

ちょっと小説を書く環境ではないのでパソコンのフォルダ整理やら掃除やらしてました。
USBに古い話が入っており、自分の作品ながら読んで面白かったです。下手くそだけど。

ごちゃごちゃになっていたUSBも仕訳しました。
事務用、小説過去保存用、投稿用、イベント用。

ノート型パソコンがいつ止まってもいいように準備だけはしておきます。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る