さいきんのわたし。

どうでもいいとは思うのですけど、備忘録として呟いておきます。
三月ですね。年度末ですね。
この時期、誰もが忙しいはずなのに、つい自分ばっかり忙しいと感じて電話応対でも雑な対応になって自己嫌悪になるのはあるあるですよねーないかー。

人も去ります。
そして、また新しい人もやってきます。
また、ふりだしに戻ったのかあ、とぼんやり考えます。
若い子なので、きっと私より先に結婚しちゃうんだろうなあ、とかネガティブなことを思ってしまいます。
本当に出会いと別れを繰り返しです。
仕事にやりがいを感じているなら、それはそれで責任を全うしたらいいのですが、別に一定のお金を稼げたらいいなあくらいにしか思っていません。十年くらいいるけど、向上心がない。
十年いたら、できて当たり前のことをこなしているだけです。
(たまに新人なみのポカミスやりますけど!)

最近、特別ドラマで「さよなら、ドビュッシー」を観ました。
東出くんが出てました。主演の女の子、演技がうまかったです。開始すぐに母がこのドラマのネタに気づきました。
それはともかく、その中で岬先生が「何者になるのではなく、何を成すかが重要だ」みたいなことを言いました。
この台詞にちょっと感動しました。
余計なことをごちゃごちゃ考えずに、何をしたいかを追及していくことだ大事なのかもしれません。
ベートベンの言葉らしいです。 
目が見えないから何だ! 耳が聞こえないから何だ! 
音楽の前では平等なんだとこのドラマでも言ってました。好きだから、やる。
すごい、かっこいい。

私の最優先事項はプロット作りですが、それは孤独な作業すぎて承認欲求を満たすためにブログの更新ばかりしちゃいます。
作品をつくるからには、読んでもらいたいですよね。
誰にも見せずに自己満足で終わらせる人もいますが、それは絵描きさんに多いような気がします。
文字は表現し、読んでもらうことで完結するものだと思うからです。

とか、もやもやと春は色々かんがえますが、忍耐強く、投げやりにならずに。
思い通りにならないことばかりですが、地道にがんばっていきましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る