夏休みの宿題と今のやり方は似ている。



学生さんは夏休みですね。
羨ましい!

夏休みといえば、宿題なんですが私は7月中にドリルやプリントをわからないところを飛ばして適当に仕上げるタイプでした。
そして、ポスターやアイディア貯金箱、自由研究などは8月の後半になって、これまた適当に仕上げてました。
本格的にするならまだしも、適当にこなすのなら最初の方にすれば良かったのにと思います。

この夏休みの宿題というのは大人になってからの仕事の仕方に関係すると、どこかの記事で読みました。

なるほど、面倒なことは後回しにする私は学生の頃からさほど変わっていないのかもしれません。
とりあえず、やってみたらこんなものかと毎回思うわけですが、作業前はそれが大変な作業だと思うばかりで腰が重たくなってしまい動けません。

焦って適当にこなすのなら、だいぶ前から取り掛かり、やり直すだけの時間を確保するのが賢いやり方ですね。

夏休みはまだ宿題が残っているというのが頭の隅にあり、遊んでいるときも、ふとした瞬間気にかかります。
宿題をやらないという選択肢を持たない小心者なので、完成度の低いものを提出してきました。

ダメですねー。

そして頑張ったことと言えば、バイトでもなく、ラジオ体操でもなく、本を読むことくらいですね。
この本を読破、とかこのシリーズ再読とか。

夏休みにうだうだしてるけど、本だけは生き生きして読んでいる、そんな子に向けたお話が書けたら本望ですね。


それでは会社行きます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る