読み取ってほしいこと。

どうも。私です。
次に描こうと思う企画書を考えているのですが、一個は完成したものの、どうもしっくりいかないところとかあります。
そういうときは、アドバイスに従い、一週間くらい放置してみます。
考えても面白いのが浮かばないときは、浮かばないものですしね。

芥川賞、直木賞の発表がありましたね。おめでとうございます。
で、授賞式でその作品の「読み取ってほしいこと」を作家さんが語っておりました。
それをみて、私は今まで書いた作品でそこまで語れるかなあと疑問に思いました。
文学作品に限らず、ラノベだったとしても「萌え」どころを語ればいいと思うのです。
ですが、それが私にはできない!
新刊が出たときに作家さんがその作品に対して読みどころをコメントしておりますが、それってかなり重要なことなんですよ。コメントの方が先にできててもおかしくないわけです。
私の場合、とりあえず作品を描くわけですが、そこにあとで売り込みコメントつけようとするからおかしな具合に。

とりあえずテーマだけ決めた作品と、描きたいキャラだけ決めたやつあります。それぞれは別ものです。
語れる作品づくりが私のテーマですね。
その作品から読み取ってほしいことが滲み出るようなお話……練習が必要です。

創作される方で、あまり悩まないところで躓いている私なのでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る