チャングムの誓い。

久しぶりにチャングムの誓いやってましたね。第三話。やっぱりおもしろいです。NHKやるな!
今日は王様から預かった献上品であったダチョウの卵を卵からかえしてしまい結局主人公らがダチョウの雛の面倒をみることに・・・といっためちゃくちゃな内容。(そこがいい)
最近中国ものにはまっている高瀬。

桃源の薬(コバルト文庫、山本瑶著)今3巻まで出ていますがこの話はどきどきします。十二国記(小野不由美著)とかぶる世界観でありますがそんなことはいいのです。おもしろければ。
 主人公凛花が妖怪相手に薬を売る法士におしかけるといった内容(簡潔な説明だ)つづき気になる。

沈婦人の料理人(深巳琳子著)食べることが何より好きな沈婦人。中国のお金もちの奥さんね。彼女の召抱える料理人は腕がいいのだがいつも沈婦人の無理難題をふっかけられかわいそうになってくる。
「わたしの夢にでてきた料理をつくっておくれ」
とか。一話簡潔形式で話が進んでいくため読みやすい。これはちなみにマンガです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る