最近、読んだ少女漫画。

「ごくせん」などの作者の新作。
表紙の人たちは兄弟で、特殊能力がありそれぞれ恋で悩んでいます。主役は長男の彼女なのかな。
その人の妄想がいちいち笑えます。


おいおい、どんどん深みにはまっていますよ、キョド子!
星名さんに依存していき、仕事にも集中できなくなってほんとダメな感じになってきました。
でも、堀田さんというライバルに星名さんをとられたくなくて、仕事スイッチが入りましたよ。
気になるのが吉崎さん。落ちていく彼女を気に掛けるようになります。がんばってほしいです。
次の巻からは違う雑誌から本が出るそうですよ。よかった、完結じゃなくて!


糸真は引っ越してから色々ありましたが、ようやく少女漫画の主役っぽい終わり方になりました。途中まで、「ぼっち」だったのでほっとしました。
後半の時間が交差する描き方はうまいなあと思いました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る