オブリビオン観てきました。

344646view001.jpg

トムだから観ておくか……どんだけ上からなんだ(笑)とか言いながら仕事帰りに観てきました。
めちゃくちゃSFでした。
エイリアン、スカヴとやりあって、放射能で汚染され、荒廃した地球が舞台。
人類は他の惑星に移住。ジャック(トム)と相棒の女性ヴィクトリアはドローンと呼ばれる無人偵察機を管理する仕事についていた。地球に残って海水を採取する機械を守るためである。
エイリアンと戦ったりするけど、彼らが自分を生け捕りにしようとしているのに気づく。そして、快適な暮らしの中、見る過去の地球と謎の女性の夢。
これらが指す事実とは……そんな折、宇宙船が墜落。墜落した現場に行くと夢で見た女性が瀕死の状態で現れる。しかして、彼女の正体とは!?
映画観に行くべし。

タイトルのオブリビオンは「忘却」という意味です。
主人公のジャックは秘密保持のため五年間の記憶を消去されてます。相棒のヴィクトリアのこともよく知らない。
彼女も同じくそうなのだけど、あまり気にしていない。
これはSFアクションではなく恋愛映画でもあります。ネタバレするとちょっとおもしろくないかもしれないのであまり多くは語れませんが(とか言いつつ、途中で気付く程度のものです)最後のオチには首をひねりました。
でもパンフレットを見て納得。
なるほど、だったら最後に彼が現れてもおかしくないか。いいとこどりじゃないか、と思ったのですが。
砂漠で転がっていただけなのに、って思っちゃいましたよ!

ネタはおもしろかったです。途中、長いなートイレ行きたいなーこのまま死ぬかもってくらいトイレ行きたいなーって考えてましたが大丈夫でした。映画前にたくさん飲み物飲んだせいです。
ヴィクトリアとジャックの写真が撮られたシーン。
あの描写はうまい。彼女が悪者でもなく、かわいそうな女性として私の中で変換されました。
これ切ない。

あと、この映画のいいところは美しい風景。実写と3Dを合わせたそうですが、監督はなるべく実写にこだわりアイスランドで撮影をしたりしたそうです。リアルで綺麗な世界観でしたよ。3Dを多く使用すると画面が暗くなるらしいです。明るいSF映画がないので今回はそこにこだわったとか。
確かに、全体的に見やすかったです。暗い画像のSF映画多いですよね。宇宙が舞台とかなら仕方ないですけど。

「忘却」と「ジャック」とか懐かしい。私の小説に出てくる単語なので思い出しました。
最近、そちらはめっきり書いてないなーいずれは決着をつけないと。まずは投稿作品からと思っているので後回し後回し……これはネットであげるより同人誌化して復活させるしかないと思っている作品です。

会社帰りにレイトショーで見て帰宅して一時くらいに寝て翌日朝の七時くらいに起きて人が来るから掃除とか準備して疲れました。

え、明日は月曜日。嘘でしょ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る