読書記録ー。

タイトルと表紙のイラストがかわいいのと内容に惹かれて手にとった本。恋は妄想から始まるのかもしれませんね。
主人公は気になる男性と知り合うたびに「この人と結婚するかも」と妄想してしまうのですが、このままじゃやばいと思って妄想するのをやめようと考えます。そのとき英会話教室でケンという男性と知り合うのですが……恥ずかしい話、私もちょっと会話して気になる人と「この人と結婚したら」と考えてしまうことがあります。
二話目の「ケイタリング・ドライブ」
これは男性が主人公なんだけど、料理研究家でパーティーの食事を届ける依頼を受けて、その道中、失恋したことを振り返る話。
男性だって女性に妄想、いや幻想を抱いている面があるのだと思います。でも、最後はちょっとだけ主人公が前進できたので良かったです。


ちょっと前に本屋で衝動買いして読み終わった本です。
「この人と結婚するかも」
妄想して、どきどきして、でも勘違いかもしれないと思い直して、冷静になって、よく見たらかっこよくないかも、嫌な癖もあるかもと考えなおして、でも改めて、主人公がケンのことを「この人のこと好きなのかもしれない」と考え直す過程はリアルだなあと思います。
その、いったん嫌いかもしれない面を見て尚も気になるなら本当に好きになり始めているということですよね。

この本、スペシャルドラマ企画とか良さげです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る