もう、ひな祭りですよ。

2/24は難波の段に行ってまいりました。楽しかったです(なんだ、この感想)
次は、創作本の読書会に行きたかったですが、その日は用事が入り断念。五月の即売会に行きたかったですが、用事入りそうな予感がします。

遊びすぎてたら、あっという間に三月のひな祭りですよ。
しなくちゃいけないことがたくさんありすぎて呟くかテレビ見るか本読んでたら三月ですよ(←時間あるんじゃないか)
ブログも書く暇はあるのですか、という話ですが。それはさておき。

公募の時期となりました。去年はえんためガールズのべる大賞にぎりぎり出せたんですけど、今年はプロット改編が進んでおりません(^_^;)
時期的に同じ賞に出すべきか迷っています。一度落ちた作品は改編しても(二次落ちなので評価なし)通らないと聞いたことがあるようなないような。でも日付を指定しないとだらけてしまいます。
えんためか、びーんずか……読んでいるタイプの本がいいわけですが一番好きなのはコバルト文庫だったりします。老舗ですよね、コバルト。少女小説はいつ卒業できるのでしょうか。
けど、最近の文学作品も少女小説っぽいものが多いですよね。青春ものも多いし、ロマンス系もある。
なので、そこんとこ深く考えすぎないようにして、公募ですが3月末が角川ビーンズ、4月末がえんため(大手電撃とかもそうですよね)確か、夏ごろにコバルト短編ですよね。長編が1月の頭、これが全く間に合わないんですが。
長い目で今からコバルトの長編出すという手もございますよね、ええ。

温かくなると焦ってきます。
最近、生活しながら脳内で設定考えてます。
前の作品でダメだったところをネタ変えようとしているんですけど、そうすると矛盾とか生じてきててんやわんやです。とりあえず、書くか。しかし、プロットに穴が開いている状態です。
確定事項、削除事項、追加事項、そしてそれらを繋ぐシーンに穴。繕い物は昔から苦手でしたよ。

先日、会社の人が書類作成に悩んでいました。
どうして簡単なことなのにできないのだろうか、と思ったのですが私も似たような事態に陥っています。

①他人から言われたことを頭の中で整理できてない。
②自分が訴えたいこと(書きたいこと)と他人が求めていることをまとめるのが難しい。
③要点だけまとめ、いらない部分は省く。
④自己否定モードに入る。
⑤他ごとに逃げる。

④、⑤はまるっきり似てますよ。
自己否定モードに入りますと、過去できてないことを思い出したりできていたこを思い出したりする始末の悪い状態となります。そして読書したり、二次創作したり、新しい小説のネタ考えたり、他ごとに逃げてしまうのですね。

ここまで読んでくれた方、このブログもその一つの方向です(こら)
けど、ずっとネタ考えているじゃないですか。
で、ぼーっとテレビ見ているときとか風呂入っているときに「繋ぎ」のシーン思い浮かぶ時があるんですよ。
それを待っていたら時間がいくらあっても足りないんですけど、でも焦って適当なネタにするよりネタを待つのも大事なのか……とか色々考えたりしてますけど、時間ないんですよ。
何度も言いますけど時間ないですよ。

すぐやる人に変わる方法再読しましたら、他人を巻き込むのも一つの手だということです。
小さな行動目標を決める、実行、達成、報告みたいな。承認欲求を満たす。

よし、ここに宣言します。
今日、私はプロットの中身を分類化します。蛍光ペンで事項を色分けします。
今日はここまで。


できるかな。今から出かけるから帰ってから……(がんばれ数時間後の私)





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る