読める本が増えていくお年頃。

いくえみ綾さんの不倫もの。粘着質な人間を描いたらうまいですよね。リアルな感じです。
主人公の女の人は昔好きだった人と再会、不倫。その昔好きだった人は既婚者。主人公の夫は奥さんの携帯をこっそり眺めるくらいには奥さんが好き。
昔好きだった人、の奥さんだけが今のところ好意的かもしれませんがこれからどんな面を見せるのかわかりません。


奈良京都修学旅行編。
秋姫が自分の中の『天狗』要素に不安を持ちはじめたところで奈良の町で鬼の子やら妙な輩やら宝やらに巻き込まれていくといった内容。
眷属が愛しい! もちろん瞬ちゃんもね!


久しぶりの日記ですけど、またもや本の記録。
積読が素晴らしく減らないのは本を買ってしまうからですが、最近考えるのは楽しそうな本が増えたということです。私が好きそうな内容が増えている……でも、本当はそうじゃなくて私の読める範囲が増えていったということかもしれません。
だって、学生の頃に不倫ものを買おうと思わないはずです。姉の結婚とかあなたのことはそれほど、とか。
もちろん昔から好きなテイストの天狗の子とかも買っているわけですが、それに続いて、文学的なものから古典から海外小説から、ミステリから何でも手を出してしまうようになってしまいました。
でも昔より買う癖に読書時間が減っている。
これでは積読が増えるわけですよね。

来年は読書量増やすのと、小説をもっと書けるようにしたいですね。
今はとある作品の推敲をちまちましている段階ですが、来年は新作を一本は投稿したい。

ブログでやるやる詐欺ばっかりしていますが、どうかみなさん見捨てないでくださいね。
ながーい目でおつきあいってことで。京○銀行。


今日は年賀状を印字していたのですが。
メールで済ましてしまう方が何名かいて、友人枠は数名です。
てか、友達少なすぎてやばいかもしれないです。コミュ障だから仕方ないのかもしれないですが……ちょっと焦りました。なにかサークルするか。
でもただでさえ、小説書く時間がないとかほざいている人が趣味を増やして対応できるとは思えない。
うーむ。


そんなくだらないことで悩みだした年の瀬でした。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る