のぼうさま、ハスミンさま。



先週の木曜日に妹と二人で夜に「のぼうの城」を観に行きました。
感想は「マジおもしろかった!」の一言に尽きます。今年もあとわずかですがイチオシの映画ですね。
以下、シネマトゥデイより引用。

チェック:戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せず、たった500名の兵で抗戦、勝利した実在の武将・成田長親の姿を描く時代劇。『ゼロの焦点』の犬童一心と『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の樋口真嗣が異色のダブル監督に挑み、第29回城戸賞を受賞した和田竜のオリジナル脚本を映像化。“のぼう様”と呼ばれたヒロイックな主人公を野村萬斎が熱演するほか、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴らが城を守る侍大将を演じる。底知れぬ人気で人心を掌握した主人公の魅力や、豊臣・石田軍による水攻めシーンなど、見どころ満載の歴史大作だ。

ストーリー:天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。秀吉は20,000の軍勢で攻撃を開始するが、将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような男の長親は、その40分の1の軍勢で迎え討とうとする。

まさに面白くなっていく展開に「鳥肌がたつ」作品でした。昔の戦って作法があって、ある一定のルールを持ってしていたのだなあと思いました。もちろんゲーム感覚なわけではなくそこには死が絡んでいます。
その部分もきちんと描きつつ、戦のシーンは派手で戦法とか観ていて楽しかったです。
でくのぼうからくる「のぼうさま」演じていた野村萬斎は適役でしたね。皆の前でひょうきんな舞を踊るシーンや鼻歌を歌うシーンとか音楽に関連する描写が多いキャラでした。
のぼうさまが戦うシーンとかないんですけど、甲斐姫じゃなくても好きになるくらい、良いキャラでしたよ。この甲斐姫(榮倉奈々演じる)キャラも興味深いです。
すごく強い姫で戦に軍を率いて行ったり、映画にもあった百姓を手籠めにした武士を斬り伏せた逸話は一応事実に近いみたいですね。

そう、このお話のすごいところは史実に基づいているといことです。
めちゃくちゃ派手な嘘みたいな戦が本当にあったんですよ。なんか昔の人ってすごい。


342785view001.jpg

続きまして「悪の教典」をこの金曜日に友人と観に行ってきました。
内容はといいますとYAHOO!映画情報より。


ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。

朝から友人と映画館に観に行ったのですがなんとも後味の悪い「気味の悪い」映画でした。
うん、面白かったんですけどね。伊藤英明さんが演技うますぎるんですよ、あんなに海猿で人を救っていた彼と同じ人物とは思えない。AKBの大島さんが「この映画いやだ」とおっしゃったそうですが、納得(笑)
R15の映画だったんですけど直接的表現はなくてもちょっと男子生徒×男性教員ネタや女子生徒×男性教員ネタや生徒を散弾銃でぶっぱなすとかございまして……家族で見ないほうがいいよ!
映画館の後ろでカップルがいたんだけど見るの間違っていたね。嫌な雰囲気になったに違いない。
ともかく、そういう猟奇的な殺人鬼を描いたお話って、大抵あとの方で殺人に至る動機とか描かれるじゃないですか。この作品にはそれがまったくないんですよ。
蓮実先生も殺すときに悲壮感とか快楽的な顔とか全くしないで殺していくんです。仕事みたいに。
しいて言うなら「ささやきが聞こえた」ってやつでしょうか。
でも友人と蓮実なら精神異常者を演じるために言いそうなセリフだと思いました。
本当のところがわからないんです。異常者なんでしょうか、それとも正義と思ってやったんでしょうか……邦画というより海外ドラマの「クリミナルマインド」とかに出てきそうな殺人犯でした。
うん、怖かったです。
ちょっとしたホラーでしたよ。
こういう映画見たら自分はどこらへんで死んでるのかなって想像するんですけど何度やっても最初の方でキャーって言っているうちに先生に殺されてます。

あとDVDですが「SPEC天」を観ました。
いやーおもしろかったですね。観終わったあと餃子食べたくなること間違いなし!(←そこ?)
いちいちギャグいれるから楽しいですよね。結構内容は壮大になってきましたけど。もはやミステリーものではなくSFでしょうか、超能力対決。
この監督にブギーポップやってほしかったですよ。

ともかく、せっかく向井理使ってんですから続き作ってほしい。ケイゾクから長いシリーズですよね。でもいまだにケイゾクコンビが人気みたいですね。
私はスペックのキレコンビが好きですよ。ラブに移らない感じがいいです。
そういうラブラブじゃない同志って間柄の男女っていいですよね。

ところで友人と昔に書いた作品をリサイクルするって話になって、その子は黒子にはまっているだけど黒子を知らない頃の自分の作品のキャラが似ていたということを言っていました。
つまり、ハマるキャラってのはわりと固定されているのかなーと。
私も考えてみたら好きなカップルの傾向が似ていることに気づきました。

①男キャラは普段はひょうきんだけど才能とか力があったりする。ギャップがある。
②女キャラは真面目。コンプレックスがある、努力派。

これらの要素があると好きになるみたいです。
何かいいのあったら紹介してください。

いえ、他作品読んでないで自分の作品に集中しないとね……正月たくさん休みあるし頑張りますよ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る