自分と向き合う。

お話を書く上で気を付けたいことは『読者を思って書く』ことです。
これができたら、あとは大丈夫な気がしますが、これが一番難しいのだと思います。

小説を人にもらって気がついたのですが私の場合「私(作者)はわかっているけど、読者はわからない点の説明不足」が目立つなあと(^_^;)
単語が抜けていたりね、描写が足らなかったりね、基本、丁寧さが足りないのかーと。
あと主人公は少なくとも読者にとって好感をもってもわなくちゃいけない。

台詞の端々に私の育ちが出ているような気がします。少し、粗野なんですかね。丁寧で優しくなりたい。
人間的ににやっぱり成長しなくちゃいけないですね。
他人に尽くすのが嫌いで一人でいた方が楽ちんじゃんと考えてしまうタイプなんですが、生きていく上で深く向き合わなくちゃいけないときもあるし、感情をぶつけられることもあるし、またぶつけたくなることもある。

仕事でちょっと色々ありますが、とりあえず感情をコントロールし大人でありたい。我慢するんじゃなくて冷静に客観的に捉える。
そうすることで見えることもあるのかもしれません。

久しぶりの日記のネタが大して内容がありません。
えーっと。

映画を妹がレンタルしたのを観ました。
「リベリオン」と「宇宙人ポール」どちらも面白かったです。おわり、まる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【自分と向き合う。】

お話を書く上で気を付けたいことは『読者を思って書く』ことです。これができたら、あとは大丈夫な気がしますが、これが一番難しいのだと思います。小説を人にもらって気がついたの...
▲ページトップに戻る