スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「箪笥」を観たよ。

51362YF85HL__SL500_AA300_.jpg

あらすじはというと。

韓国の古典怪奇談「薔花紅蓮伝」をモチーフに、4人の家族を襲う恐怖を描いた本作は、「家」と「家族」にまつわるミステリー・ホラー。継母と姉妹、父親と娘、夫と後妻という3つの関係が、それぞれに溝を深めながら複雑に絡み合い、そのドロドロ感が単なる怪奇現象以上の層を作り上げていく。さらにその映像は絵画のような艶やかさを持ち、雰囲気は抜群。先の読めない展開と、やがて明らかになる意外な真実に、驚きと切なさを感じることだろう。

goo映画解説より。

ネタばれしてはいけない系のホラー映画です。DVDを借りて観てみました。
お風呂入れないくらい怖い映画かなあと思っていのたですが、それほどでもなかったです。
怖いシーンはたくさんありましたけど、やはり日本のホラーが一番怖いのでしょうか。
本作は人間の怖さや、映像で表現する怖さはありました。
ムン・グニョンとキム・ガプスはここで既に共演をしていたですね。
「シンデレラのお姉さん」は二度目だったのか。しかもまた親子もの。
このキム・ガプスはちょっとだけ大杉蓮に似ている気がします。こっちのが真面目そうですけど。

オチはもしかしたら途中で読めちゃう人がいるかもしれません。
ちなみに私はちょっとだけ違っていました。
ああだこうだと考えながら観ても楽しい(?)映画かもしれませんよ。
美少女は堪能できますので損はないと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【「箪笥」を観たよ。】

あらすじはというと。韓国の古典怪奇談「薔花紅蓮伝」をモチーフに、4人の家族を襲う恐怖を描いた本作は、「家」と「家族」にまつわるミステリー・ホラー。継母と姉妹、父親と娘、夫と後妻という3つの関係が、それぞれに溝を深めながら複雑に絡み合い、そのドロドロ感が...

まとめtyaiました【「箪笥」を観たよ。】

あらすじはというと。韓国の古典怪奇談「薔花紅蓮伝」をモチーフに、4人の家族を襲う恐怖を描いた本作は、「家」と「家族」にまつわるミステリー・ホラー。継母と姉妹、父親と娘、夫と後妻という3つの関係が、それぞれに溝を深めながら複雑に絡み合い、そのドロドロ感が...
▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。