少し出かけてきました。

昨日は土曜日、お休みでしたので妹と母と映画を観に電車で大阪まで行ってきました。
なぜ、大阪かというと以前「タンタンの冒険」を観に行ったときにそこの映画館でやっていた抽選会でそこの映画館で使える鑑賞券ペアチケットを妹が使いたいがために、です。
期限が二月末までだったのでぎりぎりでした。二名までは無料で映画を観れたのですが一名は自腹です。
その一名は私となりました。ちくしょう。
観た映画はR15の「ドラゴンタトゥーの女」です。地元ではやっていないのとおもしろそうだったので。
内容はというと、

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを映画化したスウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)を、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクしたミステリーサスペンス。経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエルは、資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーのリスベットとともに捜査を進めていくが、その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく。主演はダニエル・クレイグと「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラ。

映画.comより。

実は最初、主人公の記者の男がとある記事を書いたことから大物と裁判した結果「証拠がない」ということで敗訴し、すっかり悪者となった主人公が過去の事件を探ってくれととある金持ちに言われて家族を紹介されているシーンまでは眠りそうになった。電車で疲れたせいかもしれない。
しかし、衝撃的なシーンが多いのと、段々内容がおもしろくなってきたので眠気は吹き飛んだ。
……これはR15だよ。
最後が気になったが続きが出るみたいなのでそれは良かった。
そうでなければどういうことだ!と思ってしまう。女の子がかわいそうすぎるよ。

段々、観ているとリスベットがとある小説のキャラ、霧間凪に見えてきました。さしずめ、記者は黒田さん??
バイクにまたがって滑走する彼女はかっこいい。
あとクリミナルマインドにも見えてきました。怖い猟奇殺人。

ちょっと話が前後しますが、映画館寄るのも目的だったのですが母が人形展を観に行きたいというので(通っている人形教室の先生が出品されているとのことで)某百貨店で開催されている人形展も眺めてきました。創作人形は観ているとおもしろいです。
流石に今の時期は雛人形が多かったですよ。
写真とれないのが残念です。

そんなこんなで、ちょっと映画も長かったのでロフトとか、色々眺めることができず残念です。あっという間に帰宅。


今日は、妹の車の契約に付き添いました。
ダイハツです。妹は色と形しかこだわってませんので値段とか張るのを選んでいました。
なんか払いきるのか私が不安です(^_^;)
親切な営業さんに話を聞いてもらったのでそれなりの買い物ができて良かったです。


では、またスタートレック鑑賞会(しかも初期!)が始まるみたいなので観ようとおもいます。
完成されている話なのでストーリー展開の持って生き方は参考になるかな……いや、古典すぎてならないか?

ともかく作品は金じゃなくて脚本だね。
スポック君はアラレちゃんにも出ていましたね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る