三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

308945_197354540335530_152684798135838_432201_263066883_n_convert_20111125074148[1]

23日の祝日に友人と地元の映画館へ「三銃士」を観に行きました。
ストーリーを簡単に説明いたしますと、とある任務で仲間と思っていた女性、ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)に裏切りにあいプーと化していた三銃士のところへ田舎からやってきた若者ダルタニアン(ローガン・ラーマン)に触発されてフランスを救うぞ、という話。
なんだよ、意味不明だよと思う方はぜひ映画館へお越しください。

今回はミラ・ジョヴォヴィッチのドレス姿が見ものですよ。男性陣、敵役のオーランドも衣装が派手で素敵でした。三銃士の格好ももちろんかっこいい。
衣装だけでなく、お話もおもしろかったです。飛行船による空中戦も迫力がありました……ただ、私たちが観に行ったのは2Dでしたけどね!
そこの映画館は3Dやってないんですよ。まあ、いいです。メガネかけているの3D用メガネつけなくちゃいけないのしんどいしー。
それでも十分、迫力ありました。あと高所恐怖症の人はたぶん「怖い」と思うシーンたくさんあるので2Dでいいと思いますよ。ダルタニアンが敵と屋根の上で剣で戦うシーンあるんですよが、ひやっとしました。

今回で実は終わりじゃなかったりします。今はやりの続き物です。一応、とある事件は解決したけどまた別の問題がって感じで終わりました。次も映画館行ってもいいかもしれません。

とにかくミラ・ジョヴォヴィッチが綺麗すぎる。峰不二子的な役どころなんだけど魅力的なキャラを演じています。ふてくされた顔もかわいかったりします。
いつも泥まみれの男性的なキャラや格好しているのでたまにはお姫様系もいいですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る