「太陽の香りのするシーツ、明るい部屋」

少女と暮らし始めて幾日かがたった。
青年は外へ仕事に行き、少女はただ、置いていかれたお金で食べていた。

その日も少女は青年が夜更けに仕事に出かけたのを確認した。
青年は大抵、夜中か朝早くに出かける。きっと人が一番油断している時刻を狙っているのだろう。
そう考えることは同じくらいの年齢の少女ならとても恐ろしいことのはずだが、当の本人はその想像に特に何も思わなかった。
気付いたことがある。
青年はこの部屋でほとんど過ごさないために本来なら部屋は汚れないはずだが自分が来たことによって多少、汚くなってきた。食べこぼしが床に落ちているし、食器もいくつかキッチンにたまってきている。
少女はベッドのシーツをつまんだ。
シーツも干した方がいいかもしれない。青年はベッドでちゃんと眠らないので気になるのは自分だけだろう。
今までは愛人ばかり連れ込む父の傍で勝手に暮らしていた。
けれど、それは二人だけの生活ではない。
父はお金だけは持っていた。
だからうちの家には使用人がいたし、私の世話はしてくれなくとも家自体は綺麗に保たれていた。
これからは、ちゃんと自分のことは自分でしなくちゃいけなのだ。
そうでないと青年に迷惑がかかる。

× × ×


青年は夜更けに出かけて太陽が昇り始めたくらいに帰ってきた。中に少女がいても鍵はかけていった。
鍵をあけてドアを開く。
青年は思わず声をあげようとした。

窓が開け放たれてシーツがそこから干されている。
床はモップで美しく磨かれていたし、キッチンには食器類が何もなくきちんと並んでいた。
しかし、少女がいない。
と、後ろから鉄筋の階段を上ってくる音がして振り返る。
「今日は早いのね。買い物してきたのよ」
少女は小さな腕に抱え込むのは大変なくらいの食材の入った紙袋を持っていた。
「何をしている?」
「え。生活をしているのよ」

本当はあまり外出するな、窓を開け放すな、家事をする必要はないと怒鳴りたかった。
だがそれをすると、この少女のいう「生活」ができなくなる。
殺し屋の傍にいる者は危険な目にあう可能性が多いから本来なら普通の「生活」ができない。

言おうとして青年はやめた。
少女が死んでも構わない。そう思うのが普通の状態だろう。
そう思わないのなら異常な状態だ。今の考えを思いついただけでも青年にとってはおかしな事態なのだ。
笑いそうになった。

「何。おかしな顔をしているわよ」
少女はそう言って青年の葛藤も知らずに部屋に入った。
太陽の香りを含んだシーツが青年は嫌いだった。おまけに眩しい部屋も嫌だ。
きっと、それは自分を闇の生活から引き離してしまうかもしれないから。

やっぱり、連れ込んできてはいけなかったのだ。
あの手をとってはいけなかった。

青年は後悔しながら明るい部屋へと足を踏み入れた。




おわり。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る