お盆ですよ。

DSC_0012_convert_20110814210834[1]

今年も家族5人で墓参りに行ってきました。土曜日は朝からうちの家でお盆回向をしていただき、それがおわってから土曜日はとりあえず京都まで宿目指して父の運転でひた走りました。
渋滞とかで結構時間がかかってついたころにはくたくたでした。部屋食だったのですぐ晩御飯にしていただいたのですが、それでまでに部屋の内装やら料理やら携帯で撮るぞーと思っていたのに写真とろうとしたら途端に携帯がフリーズしてしまい、うんともすんとも言いませんでした。
直ることは直ったのですが写真は数枚しか撮れていません。残念です。
上の写真は部屋からとった景色の写真。今回の宿はバリヤーフリーということで安全をとって窓が開閉できないようになっていました。だから窓の×がついているのは仕方ありません。
海の近くで景色はよかったですよ。

晩御飯が思ったより量が多くて残してしまいました。私はあまり残したくない派でしたが最近、食べる量が減ったせいか10品も出てごちそうでしたが無理でした。
で、ごはんを食べたあとにまた性懲りもなくうちの家族は韓国ドラマのDVD(レンタルしていた分)を観ようと持ってきていたのですが宿の人に聞いたら地デジ化して間もなくテレビを変えたばかりなので、DVDデッキの方が追いついてないとのことでした。
今年もやっぱり宿でDVD鑑賞はできずです。

タイミングが悪いといえばちょうどその日は、宿の人が言うにはポンプの調子が悪くてシャワーの使用が重なるとお湯の量が出ることが少ないことがございます、とのこと。
うぇっ!?と思ったがその代わりに飲み物はすべてサービスとなっておりますと言われたので早速妹と父が酒を注文していた。父は「なんでもいいの?本当にいいの?」と鬱陶しいくらい確認したが宿の人は「ええ、どうぞ」と言ってくださいました。妹は一番高いワインを注文して余りは家に持って帰りました。
ワインを飲みましたがきついので私は食前酒に出たあんずのお酒がちょうどいいやと思いました。
大人になったらお酒飲めると思っていましたがお酒は何歳になっても強くなれません。マッコリとか果実酒はかろうじて飲めるのですがー。

お風呂は大浴場と部屋にひとつあるので二回入ろうと思っていましたがだいぶと疲れていたので大浴場行ったら、その日は体力を使いきりました。次女は部屋のも浴場のも行ってました。なんて体力だ。
で、韓国ドラマも観れないし、小説のネタを絞るには疲れ切っていたので持ってきていた小説「死神姫の再婚」読んでたら次第に眠りにつきました。
私は結局、翌朝に部屋のを入りましたが部屋の風呂の方がひとりでのんびりできるし景色も観えるのでこっちのがくつろげました。
一応、温泉が出ています。

そんなこんなで一日が終わって翌日はメインの墓参りです。
で、京都の奥地に墓があるんですがいつも通る道にあるスーパーでお花やら線香やら買ってから行くんですが今回は泊まった旅館の位置からだといつものスーパーを通らず「じゃあ、違うところで買おう」と安易に考えていたら私たちは田舎を舐めていました。
スーパーがまったく見当たらない。小さな用品店はシャッター閉まっていたり、パンしか売ってなかったり。私がナビで遠くのスーパーに行こうと言えば父は「いや、あっちになんかあったはず」(ここは父の田舎だ)「遠回りしてもいいじゃん!」と車内は険悪なムードに。
で。結局、父が記憶をたぐりよせてなんとか何でもそろっている個人店を発見してことなきを得た。
田舎の方はお花は店で買わず家で栽培しているのを墓に持っていくようです。だから花屋なんてものは滅多にないらしい。
危うく各家を回って「綺麗なお花っすねーちょっともらっていいですか?」作戦を決行しなくちゃいけないと思ったじゃないですか。というのはうそですが。

うちは、おじいちゃんの家系の墓とおばあちゃんの家系の墓と二か所まわるのが通例です。一か所は「墓にお供えしたらお供えものは各家が責任を持って回収していってください」とあるので食べ物をお供えし線香したら自分たちが持って帰らなきゃいけないようになっています。そっちの方がカラスもよってこないし、食べ物も腐って汚れないからいいですよね。
墓を磨いて綺麗になりました。

そしてその足で親戚のおじさんの家に行ってあいさつして帰ることに。
その帰りは父は疲れていたのかあくびの連発、ふらつく車体。どこかで仮眠をとるか私が慣れない車を運転するか提案しましたが父は頑なに我慢し(ここで仮眠とったらいつ帰れるかわからないとのこと)怖い運転でしたがたどり着いてよかったでです。
あまりお腹減っていなかったのでうどん屋でうどん食べてこの一泊二日は終了です。
私のお盆休みは明日までなんですが明日は何もしないでだらだらしようと思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ニッポンの夏、これぞまさしくお盆!といった感じですねっ 
ちゃんと墓参りの習慣があるのは素晴らしいです。 

私はそういうのにずっと憧れていたんですが実家にそういった風習などがなく、大人になってから(確か、22、3の頃)、なんとか親戚を捜し出し、それから法事などには足を運ぶようにしていますが…、いかんせんこんな経緯ですので近い親族は誰もおらず、基本いつもひとりで飛行機に乗って行きます。これもちょっとしたひとり旅気分で楽しいのですが。
全く知らない遠い親戚さんたちとお喋りするのもけっこう楽しいですね!


高瀬さんはブログにいつも家族のことが書かれていて、ほっこりしますねw
私は家族と無縁すぎる生活&人生を送ってきたので、なんだか新鮮です!
まるでホームドラマを見ているようです。
宿で家族揃ってDVD鑑賞とか。ホームドラマのイメージでした~◎
そんな仲良し家族さんは素敵ですね!(´∀`)

なんだか無駄話が増えましたが、またおじゃまします~~ 

Re: こんばんわ、サワムラさん!

少し遠いところにお墓があるせいか、こうでもしないとずっと行かないので今のところがんばって行ってきました。お盆にみんなが墓参りする習慣がある日本は良い国だと思います。
サワムラさんは法事などあれば飛行機使って一人でも行くのはすごいですよ。私は今のところ家族が行くから行ってますが両親がいなくなったらわかりません。ちゃんと一人でも行けるようには今のうちしておきたいものです。
私の日記に家族がよく出てくるのはいまだに実家暮らしというのと、友人と出かける機会が少ないというか何というか……あれですよ、ネタがないんですね。コイバナとか友人との話とか(笑)
でもホームドラマチックでほっこししているよ、という方がいてくれるならよかったです。
家族のくだらない話ならよくあります。
いつもコメントありがとうございます。“さよならモンスター”の更新もがんばってくださいね。
またお邪魔しますよ♪
▲ページトップに戻る