箱庭図書館読んだよ。

乙一
集英社
発売日:2011-03-25

没ネタを募集して乙一先生がリサイクル。乙一アレンジしているのでやっぱりいつもと違う作風なのもあっておもしろかったです。


読者の人に没原稿を送ってもらって乙一先生がそれを使ってアレンジするといった企画でできあがった短編集です。いやあ、久しぶりにこの作者の作品を読みましたが流石というべきか、やっぱりおもしろい!
どれも色があって世にも奇妙な物語的なスタイルだと私は勝手に思っています。
短編集というのはそもそもそういうものなのかな。
ともあれあとがきでもおっしゃってますがオチをつけたい作者さんなんですよね。ネタもおもしろいですがオチがいつもひねってある。すべてにおいて予測できないというわけではありません。
でも丁寧な描写で「魅せる」んですよね。
難しい単語や美麗な文章というわけではありません(汚い文章でもないです、もちろん)でもシーンが本当にまざまざと思い浮かぶし感情を描くのもうまい。
今回はネタは別の方であとがきを読んだらそのまま生かしている部分も…とあり確かに少し乙一さんっぽくないとこもありました。
「少年をがっつんがっつん犯しまくる話――」というキャラの台詞は乙一さんは書かないだろうなあと思いましたよ(笑)青春絶縁体がもしかしたら一番好きかも。この話を読むと中二病に逆戻りー!
では簡単に一個一個感想ー。

「小説家のつくり方」

これは途中まで素晴らしい話なのではないかと思っていましたがやっぱりオチがありました。私が小説を書いている理由も同じで、この話で語られています。

「コンビニ日和!」

ありきたりな話なんですがこれは描き方の勝利。

「青春絶縁体」

すごいですよね。毒舌のやりとり。

「ワンダーランド」

この作者に妙な殺人鬼描かせたら天下一品。

「王国の旗」

これは変わった作風でした。そういや乙一作品で主人公に彼氏がいた主人公いなかったですよね。

「ホワイト・ステップ」

SFでした。これは綺麗な話でしたよ。

なんかおもしろい本ないかなあ。読みやすいやつで。そんなあなたにぴったりな短編集です。
読書さぼりがちな私でもするすると読めました。
乙一さんどんどん仕事してください!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る