メテオ・メトセラ最終巻!

最終巻感動した!


雑誌、ウィングス文庫を一時期、母が買っており私はペラ読みをしていたのですがこのメテオメトセラだけは絵柄が好きでちゃんとページを探して読んでいました。ただ母が雑誌を買ったり買わなかったりで内容がいまいち把握していなかったのですが古本屋で本をまとめて購入してからはまりなおしてずっと漫画を買っていました。
だからファンとしては途中参加なわけですが、それでもこの連載は長かったなあと思います。
途中からWeb連載に移行されてたみたいですね。

近未来的な異世界もので不死者メトセラを追う少女マチカが主人公。まさかあの二人が当初の様子からあんなに仲良くなるとは思っていませんでした。
実は私は自分のことを「ボク」という女の子はあまり好みじゃないのですが読んでいくうちに段々好きになってきました。ヒロインだけど思い切りのいい性格をしておりあまり迷わない。
わりとメトセラの方がうじうじしている面がある気もします(笑)
で、前半の敵…というか事態をややこしくりている元凶であったキャラ、ユカ。ユカはどんな処遇になるのかと思っていましたが私はほっとしました。ネタばれになるのであれですが。
ともかく絵柄が好きで読んでいただけでしたが最終的にこの漫画を読めてよかったなあと思えました。
尾崎かおり先生おつかれさまでした。
これからの活躍も期待しております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る