大きな本屋さんに昨日参ったよ。

昨日、朝早く起きて高速バスに乗って妹と二人で今のところ日本一でかい本やさん「ジュンク堂」に行ってきました。大阪の茶屋町にある本屋さんです。LOFTの前にあるということですが本やさんらしき姿はなく最初さまよっていました。立ち並ぶのは商社ビルみたいな建物ばかり。
ですがそのうちのひとつにスーツではなく若者が吸い込まれていったので見てみればそこが目的の本屋さんでした。全部で7階だてのビル。規模が違いますね。
で、母から頼まれていた「裏閻魔」をまず最初に検索用のパソコンで探していたのですが時代小説のところを見ても見当たらず……もう一回検索して気付きました。
これライトノベルじゃん!
裏閻魔というタイトルからハードカバーを想像しておりましたが違いました。しかも検索パソコンには棚の番号ちゃんとのっていたのにね。
あとは好きなものを探しました。
妹は「タンタンの冒険」を児童書コーナーに探しにいき私はというと二階の文芸コーナーにて小説の資料にと「幻想ネーミング集」を探していたのとあとはつい魔術書とか幻想生物辞典とかつい立ち読みしてしまいました。
こういう本は高いんですよね。簡単には買えません。
あっという間に妹が購入してしまい私が立ち読みで一時間くらい同じ階にいたのを呆れていました。
とりあえす違う階にも行こうということで芸術の階に行きました。画集とか写真集とか。
廃墟の写真集とか工場萌えとか昭和の風景とか欲しかったですがとりあえず「新世界の路地裏」という写真集を買いました。これアマゾンでほしいものリストに入れていたものなんですよ。
中身を見てやっぱりほしくなり購入。これも結構な値段で。
あと児童書「天山の巫女ソニン」1巻も買いました。たった数冊で6千円くらい軽く飛びます。
本当はいろいろほしいのありましたが今回はこのくらいで。

大阪の地下にあるパスタレストランにて食事して高速バスにて帰りました。
で、夜に友人京さんと食事の約束をしておりましたのでいつも利用しているお好み焼き屋に向かいました。
うれしいことに少し早いですがということで誕生日プレゼントをいただきました。
紅茶とお菓子です。紅茶好きなので本当うれしいです。ありがとうございました。
今日、紅茶とお菓子をいただきましたがどちらもおいしかったです。
またお返ししよう。
ですが5月になったら私いい年齢になってしまうんで複雑です。微妙な年齢。アラサー? え、なにそれ。

本日は何も予定がないので(なんか動きたくない気分なのでよかった)だらだらしているうちに三女がDVDを買って帰ってきたので今さっきまで男女逆転大奥を観てました。
柴崎コウは男前だね。二宮ヒロインでした。原作がどうなっているのか知りませんがおもしろかったと思います。
時代劇映画流行ってますよね。DVDのCMに入っていた「雷桜」もおもしろそうです。
近くのレンタル屋さんが80円セールやっているのでいろいろ三女が借りてきてましたがやらなくちゃいけないこといっぱいなのでやばいです。なのにやる気がおきない。

そういや昨日は本屋さんで森博嗣先生の小説を書くための人向けの本を眺めてしまいました。
第一に小説が書けない人はこのような本を読む前に小説を20本くらい書いてから考えようとあり「ズガーン」と来ました。そうなんですよね、ブログとか書いている間があったら小説書け、ですよね。
その場は「その通りだ。このような本に頼るより書こう」と思って閉じたのですがあとになって他はなんと書いてあったのか気になりました。
買っておけばよかったかなと少し思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る