一次創作バトン

あけましておめでとうございます。
本年もこの風前の灯のサイトをごひいきに。

 冬月裟那さまより一次創作バトンをまわしていただきました。
今年はまず初めにそれにお答えしたいと思います。
創作の思い出が駆け巡ります。


一次創作バトン

問1 今まで創ったお話の数

小説を書き始めたのが中2のころでした。今まで作った数は

長編(大学ノート一冊分でも長編とする)が6作品。
短編(サイト掲載分を含め)7作品。
あと未完がいくつか、人にささげた作品がいくつか・・・でしょうか。
記録簿とかつけておけばよかったですね。なんだか手元にないもは覚えてないです。

問2 現在進行形で創っているストーリーの内容

「日曜日よりの使者」。久しぶりに短編を書こうかと。
そう、ハイロウズの有名な曲をテーマにしてあります。タイトルどおりです。日曜日が嫌いな主人公(男)。彼には原因がわからないが日曜日が憂鬱になるという変な症状があった。
そんな彼のもとにクリスマス近くの日曜、なぞの少年が現れる。
勝手に現れた少年は家にいたい主人公を外に連れ出そうとする。
この少年の正体は一体・・・。

って内容ですが少年の正体なんてどうとでもなるのでなぞが気になるー系ではないのかも。しかも主人公は暗い。ていうかわたしのサイトのキャラは暗い系多いのでこれくらい普通なのですが。
なんにせよ、日曜日よりの使者、ていうフレーズて思いついた話です。
シャララーラ♪てなんだか明るい気分になりますよね。
今書いてます。やけにのんびりした話。
完結するか心配でもあります。


問3 一番影響を受けてるなぁ、と思う創作物

問1でも述べてた通り高瀬は中2の頃小説にはまりはじめました。
その頃読んでた作品は富士見ファンタジア文庫から秋田禎信先生の「魔術師オーフェンシリーズ」でしょうか。書く面でも影響を受けてるんじゃないかと思います。最初に書いた小説(異世界もの)の魔術師の肩にのっているのが黒い猫だったのですがこれがレキのぱくりか、とつっこまれたことも。
今までギャグ小説をいくつか書きましたがギャグを見るとオーフェンの無謀編の影響を受けてるかな~と自分では思います。
小説で笑えるのはオーフェンかスレイヤーズか今日からマ王ですね。
これらでは思わず笑ってしまいました。
 現在は乙一先生の影響がものすごく出ている気がします。根暗、ミステリ、最後はハッピーエンド。
影響は受けていますが天才にはなれません。



問4 個人的にお気に入りな創作キャラ5名

>>晃「黄昏を君に」完結済み
中学校の頃の作品。だいぶ前。ヨミはあきら。クローンの話で晃はクローンの一人。茶髪かかった髪、子供っぽい笑顔。自分のことは俺と呼ぶ。
で、同じ顔をしたもうひとりの奴も晃って名だけど性格は違って不思議系(主人公佐久間友里のもと恋人)対照的な2人の晃がスキでした。
この黄昏を君にはクローンの話ですがほぼ普通の恋愛小説です。ベタ甘な作品。

>>林田貴一「タイトルなし、未完の初期作品に登場」
ヨミはハヤシダキイチ。
高瀬が描いた主要キャラの中で一番年上。ギターがひける。
やっぱ小説をはじめて書くとしたら異世界ものからです(笑)そんな話に出てきた貴一。彼は主人公カップルを見守る役です。
普通のサラリーマンしてたんだけど異世界へ飛ばされる。最高年齢とはいえ30代ね。後にギターを弾いて魔法を発動できるようになる。
軽い性格。

>>アイリス「時の魔女アイリス」連載中。

自分の書く女キャラってあまり好きではないのですが今連載しているこのキャラは結構好きです。
暗い過去背負ってて美人でクール。これで万事解決(何が)
今まで書いてきた主人公で美人はいませんでしたので新鮮なのでしょう。


>>曽我恵「気付いたときにはもう遅い」未完。

ヨミはソガメグミ。男です。戦隊ものギャグに出てきたキャラで主人公レッド(主人公の女、藤堂忍)のお相手。まわりがめちゃくちゃなのに彼はギャグに染まらないようがんばってたけど・・・オカマに好かれたり普通にギャグに染まりきってました。主人公より背は低い設定でした。主人公のことを見てないようで見てるキャラ。
攻めて攻めてーっのキャラが多い中これは珍しい方でした。




問5 バトンを廻す人たち

一次創作をされておりこの日記を見てしまった方すべてに実はひっそりバトンタッチです。
不幸の手紙っぽい出だしですね(汗)
でも一次創作されてる方は楽しいと思いますよ。
ぜひ、お時間がある方はお答えください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る