スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベの盗作問題。

角川ラノベで盗作事件があったそうな。詳しくはこちら。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000027-oric-ent

しかしながら、どの程度のパクリだったかは知りませんが作者は若いのにもう出版業界に現れることができないというのはかわいそうだと思いました。小説というのは、校正の人や編集の人がついてチェックしてあるため著作権に触れるようなことはそこで食い止められると思うのですが、そうでもないのでしょうか。
ただ、自分が思いついたと思ったことで誰かがすでに発表していてかぶる可能性があるわけですがそれを知らずに出版してしまったら大変なことですよね。
私も小説を書いている身ですが自分が考えていたネタと類似する作品が世に出ていることは度々なんですよ。もっと設定をよくして作品が描かれているわけですが。
例えばですね、昔に死刑執行人の話を考えました。死刑人たちは自分が犯した罪と同等の殺され方をするわけなんです(そういう刑)人を刺したなら斬首刑、ロープで殺しなら絞首刑・・・で、その執行する刑によって担当が決まっていて、主人公は猟奇的殺人を犯したやつらを猟奇的なやりかたで死刑にするといった酷いネタなんですがこれよりスマートな設定で美麗な絵で死刑執行人の漫画で世に出てしまいおじゃん。
他にも多々あるのですが、忘却してきたので今思い出せません。まあ自分でも思いつくネタは誰かも思いつくと思った方がいいのかもしれません。
本当に奇抜な設定でないと著作権の網からは逃れられないというわけですねー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。