四畳半神話体系アニメ化!

私は森見登見彦さんの小説が好きです。その中でも「四畳半神話体系」がアニメ化するそうです。楽しみです。で、ちょっとだけ画像があったので見たのですが世界観を壊さないよううまーく作っていると思いました。
信頼と実績のマッドハウスだから安心ですね。マッドハウスでのアニメ化は私的に成功だ、と思えるものがいくつかるので好きです。
四畳半神話体系は駄目な大学生活を送る主人公のはちゃめちゃな日々の青春もの、といった感じでしょうか。うる星やつらみたいなんですよ、おもしろい大学。森見さんの文章はとても古典文学のような味わいがありつつラノベのような新しい文章なんですよ。そして京都がいつも舞台なんだけど雰囲気出てるのです。京都行きたい。
この作者で最初、読んだのは「夜は短し恋せよ乙女」ちょっと不思議な京都の夜を、黒髪の乙女を追いかける主人公の男の話。森見ワールドはどこかで繋がっているため「あ、このキャラは!」とか「あの人はこんな人だったのか」「この舞台の裏を知っている」とかそれも楽しめます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る