スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純愛ぶーむ

最近純愛ものが流行っている。会社の人から「ライ麦畑でつかまえて」をもってる?ときかれた。難しそうなので読んだことはないが有名な作品であるのは知っている。映画でも世界の中心で…から純愛小説をもとにした映画も多い。たとえば今会いにいきますとか天国の本屋恋火とか君にきかせる物語とか。他にもたくさんあるかと思います。純愛ものはつまり“べた”な設定だとわたしは思うのだがやはり日本中がここまで走ってきてふと立ち止まり、そうだ初心にかえろうと思い直している時期なのかもしれない。それともただ単にひねった意表をつくものをみる体力がないほど疲弊しているのか…でも、まぁここまでくどくどいっているが夢ぐらい自由にみたっていいと思う。

かくネタもないので語ってみた。ちなみに高瀬も純愛もの結構好きです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。