お、恐ろしい子。

今朝、めざましテレビで野菜とかの下準備に使う便利グッズ特集をしていたのだけど、その中のひとつにピーマンのはたとりがあった。三本の刃物が付いておりそれをピーマンのへたの部分にぶすっとさして回転させるとへたと種までもがとれるという優れもの。
それをぼんやり見ながら「あれ、目にさしたら目玉簡単にとれそう」と連想してしまい我ながら恐ろしい発想をしてしまったと怖くなりましたよ。くいっとまわして眼球が!!

ところで私の好きな作者「乙一」先生の作品には黒乙一、白乙一といわれているものがあります。黒乙一系の話は残酷でオチもホラーオチ(GOTHとか)白乙一の作品は切なくていい話(君にしか聞こえないとか)今のピーマンの発想は黒乙一っぽいです。
別に作者は使い分けているわけではなくファンが勝手にそう読んでいるだけなのですが同一作者とは思えないものもあります。きっと天才です。

・・・最近、新作がないなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る