崖の上のポニョ買ったよ。

ジブリの新作「崖の上のポニョ」をまずレンタルしてやっぱりおもしろかったので姉妹でお金を出し合い購入しました。やっぱり宮崎監督のは違いますね。
ただ、子ども向けという風に作られたこの作品、ちょっと難しいのではないかと思ったりしました。まだ、一回しか見ていないのですがちょっとわからないところがあります。何回か見ないと。
ストーリーは追っていけても意味を理解していない感じです。
今回、私はほのぼのしたものをイメージしていましたが甘かったですねぇ。これホラーですよ。だって嵐の夜に暗い海を女の子が波の上を走っていたりその女の子は時々顔が魚化するし、足の弱っていた老人たちは急に歩き出すし五歳児にして主人公の男の子は婚約者をもらうし・・・なんだかその後が心配なまま終わってしまったがあれで大丈夫なのか。
宮崎版人魚姫ということですがどこか怖い要素が・・・それでも手書きにこだわった画は親しみやすいし母親キャラはさっぱりしててよかったし、主人公の男の子が「かなこちゃん」という女の子にいつも「忙しいから」と言って足蹴にする点は笑えました。いい作品ですよ。
ただ。監督、ここで終わってはいけません! もう一本がんばれっ。

実はこの作品で最後にしよう発言を(もののけでも言っていたが)ハウルほど売れ行きがよくないらしくもう一本書く気がおきてくれたらしい。美形の魔法使いには勝てなかったかー。
今回たりない要素はジブリ名物の「かっこいい少年&少女」ですね。次回に期待。


拍手お礼

7/8 20:00の方。

ありがとうござます。どこのどなたか存じませんが、何卒ご贔屓に!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る