鳥籠荘の今日も眠たい住人たち。




楽しみにしているこのシリーズ。読みました。とうとうみんな行き先を見つけて出て行ってしまうのです。まるでお祭りが終わるかのようになんだか寂しい巻でした。
次の巻で終わりのようですが、まだ主人公らの行方が決まっていないのであとはそれを見守るのみ。
壁井さんの書く男性はヘタレが多いです。でも損な役割である女装が好きな由起というキャラは男前だなあと思いました。彼の言うとおり、多少欠点があるほうが母性本能をくすぐるのかモテるらしい。
浅井有生は本当、社会不適合者だけど私も彼がすきです。
主人公の気持ちがわかります。由起はいい男(女装が好きでも)なんだけど、ってね。

最近、花ざかりの君たちへイケメンパラダイスのスペシャルドラマやっていましたが、それに出てくる中津・・・!この人も損な役回り。主人公のことを本当に大事にしてくれそうだけど、選ばれないわけで。
原作読んだことないけど、このドラマ見てて中津が心底かわいそうだなあと思った。
このドラマの場合、中津の方が好きです。あの人垂れ目だなあ、といつも考えます(そこしか見ていないのか)

えーっと今回ブクログからリンクひっぱってみましたが文字が小さくなってしまった。戻し方わからないので今回はこのままで・・・。
ではでは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る