贅沢な休日。

贅沢な休日とは。一番は何も用事がなくて読む本も大してなくて小説書く時間しかない休日を私はとても贅沢な休日だと思う。
そして次に贅沢な休日とは喫茶店でだべって終わる日を贅沢だと思う。
今日は友人に紹介されたカフェ店で話して終わった。小説仲間の方なのでおもしろかったです。
フェリシモの「ゆれる」も一緒に投稿をしてみたのですが次のも誘ってみました。どれにしようかなと選んでもらっています。私は決まり次第それにあわせてがんばります。

ところで私の書く文章は人から固い印象を受けるようで私自身もそれは欠点かなあと感じていたのですが友人から感情的ではなく客観的であり冷静な感じといわれ嬉しく思いました。
物語を書くとき私は主人公になったり、離れたり、右往左往しています。
それは限りなく自分に近い設定にしておきながら自分とは違うところも主人公に組み込むので自分とは違う行動をとらせる際、離れてしまうのかなあと。
ただ単に主人公に感情移入できないことが多いだけなのか一人称と三人称の使い分けができていないのかそれは迷うところですが。


えーっと私はどんな文章書きになりたいのか。そういうのは一応あります。
好きな文体は魔術師オーフェンの作者、秋田禎信先生。本当にラノベ作家なのかというくらい感情の表現が深い気がします。え、影響を受けているのかって? 真似できるわけがあるまい!

オーフェンとはいえばファンの方は知っていますでしょうか。なんと作者のサイトにてオーフェンがらみの小説がアップされているのですよ!楽しみでなりません。
彼らのその後気になっていたのは私だけではないはず。
本になったら絶対買うのになー。でないかなー。

拍手お礼

>>10/3 11:00の方。

>>10/5 14:00の方。


ありがとうございました、久しぶりにweb拍手の内容は更新してあります。
ランダム形式ですが、一応二作品あります。
また見てみてくださいね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

▲ページトップに戻る