市江さんと藤井さんの関係は素敵だ。

仕立人は、その人のために服を仕上げる。

おしゃれをするのは誰かのためだったり自分のためだったり。
ファッションに興味がなくても、このお話は服を着ている全ての人に繋がるものだと思いました。

主人公と丸福百貨店の人の関係も気になってきます。


プリンセスメゾンが秋にドラマ化しますが、会社の方から「繕い裁つ人」をお借りしましたので、全巻読破しました。
静かなお話ですが、優しい話ばかりではありません。
切ない、悲しい、楽しい、ほんわか……。
服を着ること=おしゃれ、とかいう単純な図式だけではないのだと気付かされます。
自分のために着る、誰かのために着る、機能性のために着る、人生の転換期だから着る。
私は特にファッションとか興味ないのですが、少し自分を顧みて本当に自分に似合う服が欲しいなと思いました。
仕立て屋さんはお金持ちしか頼まない。そう思うかもしれませんが、一生同じ服を繕い直したりして着ることは、お金のあるなしだけではない気がします。
とても、素晴らしい漫画でした。
私としては市江と藤井の関係がどうなるのか楽しみで読み進めた面があります。
納得のいく終わり方でした。
市江は祖母の仕事を受け継いだだけ、ではなく仕立て屋の仕事について自分なりの答えをみつけたんだと思います。
藤井も市江の繕う服に出会い、やるべきこと、目標がみつかって最後良かったと思いました。
中谷美紀さん主演の映画も観たくなりました。
妹は過去にみたことがあるようですが、最後少し曖昧なのが残念みたいです。
ただ、市江が繕った服たちが映画でどう再現されているのか気になります。
コバルト文庫から出ているヴィクトリアン・ローズテーラーシリーズを思い出しました。
繕う相手に寄り添って丁寧に仕事を仕上げる。
家売る女というドラマでも北川景子演じる三軒家がお客のためを思って家を売る。
女性が主人公で自分が手がける仕事への頑固さ、職人気質な物語はとても面白いですよね。

私には仕事に対してそこまでの情熱がない。
好きなこと、小説を書くこと自体でも迷いがいつだってあります。
羨ましい限りですが、どの物語の主人公も仕事に対して悩み、葛藤して自分なりの答えをみつけていきます。
強くてしなやかな女性たちに惹かれますね。

土曜日。
友達とランチ行ってきました。友達は同棲すると同時に遠くに行く予定です。
彼女も自分なりの考えを貫く覚悟が見えました。
なりゆき任せの私は恥ずかしくなりましたよ。何も考えずにいられる年齢ではなくなってきました。
これからの人生、切り開くのは自分しかいないんですよね、結局。
選択した際の責任をいつだって追いたくないから運任せなんです。

……色々がんばろうと思って週末でした(^_^;)
スポンサーサイト
▲ページトップに戻る