俺は最初から最後までクライマックスだぜ!

妹が特撮「仮面ライダー電王」をDVD1・2巻のみ借りてきたので見ていたのですがおもしろいですね。時間が基本好きなのでハマるだろうなとは思って時々日曜の朝見ていたりはしました。
早く続き。

それはともかく久しぶりの日記ですね。GW先週の金曜から月曜、昨日まで休みだったのですが色々していたら終わりました。いつものパターン。
ですが本当に今更ですがそろそろがんばらなきゃと思いました。何を、って小説ですよ。毎度のことながら理由をつけては小説更新できていませんが好きならできるわけで。

てなわけで最近時の魔女アイリス「欲しいのは過去の君より今の君」を書いています。書き続けています。原稿用紙換算、既に90枚突破。まだ終わってない。一事件起こしてまとまてなくてはならないところ。アイリスの過去に触れようとかしてたらこれだけちょー長くなってしまいました。
前回も長かったのですが第二部は一話一話簡単にいきそうにないです。

小説を書きつつ小説鍛錬所とかライトノベルの書き方とか書いてあるサイトって今まで覗かなかったのですが(わかっていることを書いていると思っていた)逃げでしかありませんね。見るべきでした。
知らないことがたくさんありました。

例えば「・・・」余韻をもたせたいときに台詞のあとにつくやつ。これ

○「馬鹿が・・・・・・」
×「馬鹿が・・・」

「・・・」は三つで一つで基本は二個くっつけて使う決まりがあるそうな。

あとこれと同じパターンが

○「馬鹿が――」
×「馬鹿が―――」

棒線。これも二個。奇数数は×。

プロのものを見ればちゃんとこの決まりが守られていました。知らなかった。
で、書評とかもらえるページ見ていたのですが私が行けばもうこてんぱんに違いありません。直さなくちゃいけないところがたくさん。一人称と三人称交互に使っていたりするし、文章が簡単なのも欠点。
知っている形容句の連続でしかない気がしてきました。
そうそう、段落がかわった次の行は絶対一ますあける、という法則も忘れていました。小学生の作文時代は知っていたことですね。

ある作家さんは作家になる前派遣をしていたのだけどあるとき入院したときにそのときの入院費が自分の給料1ヶ月分だったらしくてそこで格差社会を感じ猛然とやる気がでたとか。印税で食うしかないと。なるほどね。

ショックだったことはこれにとどまらない。実は最近車の12ヶ月点検しました。1万円いきましたがそれは必要経費でこれで故障を未然に防げるならいいやと思い、なけなしのお金を払い今月はピンチだというのに。
な、なんと終わったとたん次は飛び石にやられフロントに大きなヒビがはいっているではありませんか。不幸が大群で押し寄せている。
保険使っても良いけどあとあと困るしボーナス一括払いしかないのか。困った困ったーっ!!

拍手お礼。


4/30 >>13:00の方。 >>21:00の方。

5/1 >>19:00の方。

5/2 >>6:00の方。

5/7 >>21:00の方。

5/10 >>6:00の方。

5/11 >>10:00の方。

5/12 >>8:00の方。

すいません。たくさんの方に拍手を頂いていました。ありがとうございます。
励みとなります。明日もがんばります。




スポンサーサイト
▲ページトップに戻る