さよならメッセンジャー

あと数時間後には、来年になる。
所長が言った“ご褒美”とやらをもらうためにはルールがあるらしい。シジマは本来なら迷信ごとは信じないたちだったが彼の言う魔法が本当に起きるならば、どんなことでもしようと思っていた。
もう一度、彼女に会いたい。
いつまでも彼女に引きずっていれば前に進めないのだとわかっている。わかっているからこそ彼女、
トキトウに会ってきっちり気持ちの切り替えをしたいのだ。
例え、それがどんな形だったとしても。

「来年と去年が来るちょうど狭間の瞬間じゃないといけないんだ。その日の夜にお盆に水を張り月を浮かべる。月を映した盆に向かって『さよなら○○』と言う。その○○っていうのは、別れたい相手さ。そして両目をつぶってお盆に顔をつける……さよなら言い続けた人じゃないと叶わないとか、なんとか」

所長に担がれているのかもしれない。
ふざけた内容だとシジマは思っていたが、どうしても毎年、その方法を試してしまうのだ。
両目を開けたときに何かが起こっていやしないかと、少し期待してしまう。
今年も理由もなく深夜まで会社に残っていた。紅白を所長と二人で眺めて、おもちをストーブで焼いて食べる。
所長には家族がいないらしく、急いで帰る必要はなかった。
所長がお酒を飲んでソファに眠ってしまった頃、時刻は11時55分だった。
テレビを消して準備してあったお盆に水を張る。
そしてビルの屋上に向かう。

白い息がゆっくり空中に散る。あたりは薄青く月光に輝いていた。昼間に雪が降っていたが今は止んでおりあたりはしん……としていた。
冷たい水に月が浮かぶ。シジマは腕時計を見た。
時刻は12時となった。

○ ○ ○

気づけば桜が散る夕がたの公園にシジマは佇んでいた。
――なんだ、自分は眠ってしまったのか。
シジマは身体を見下ろす。視線は低く懐かしいシャツに半ズボンをはいていた。小学生のころの自分の定番の服装だった。
砂場に動く人影を見てシジマが近寄ってみると幼い少女が独りで遊んでいた。なんとなく近寄っていくと少女が顔をあげた。おっかぱ頭の彼女の顔を見てすぐに誰かと気付く。
「君はトキトウ……」
「どうしてあたしの名前を知っているの?」
首をかしげる少女。トキトウは質問しながらも答えを聞く間もなく砂の山を作る作業に戻った。
シジマはかがみこんで砂の山を作るのを手伝う。
「トキトウ……いや、アカネちゃんだったよね?」
「うん」
時任茜。それが彼女の名前だった。
「君は好きな人とかいるのかな? いや、いないか」
「いるよ。おとうさんとーおかあさんとーエビ蔵とー」
「海老蔵? 歌舞伎の?」
「ううん。シベリアンハスキーの」
シジマは時代が違うことを改めて思い出した。
「それでさ。未来に……好きな人ができるとするよね。その人がどうしても君と、さよならをしなくちゃいけないんだ。好きなんだけど、別れなくちゃいけない。その未来の人にさよならの言葉を言ってあげてくれないかな」
「すきなのにさよなら? かわいそうね」
「うん、かわいそうだ」
トキトウの年齢は5歳くらいだろう。まだ恋も知らない幼い少女。こちらの意図する答えはもらえそうにない。
シジマは困ったように微笑んだ。
また、こうして少女と会話できただけでもご褒美じゃないかと考え直す。

「アカネー帰るわよー!」
母親らしき女性の声がしてトキトウは立ち上がった。そしてスカートの砂をはらう。
シジマが何も言わずに顔を眺めているのに気付きトキトウはにっと笑った。
「――さようなら、シジマさん。また明日ね!」

どうして幼いころの彼女がシジマ、という名前を知っていたのだろう。名札はしていない。シジマが不思議がっている間に彼女は桜の花びらの間を走って去ってしまった。


○ ○ ○

「……っ!」
冷たい水から顔をあげる。寒いビルの屋上だった。除夜の鐘がどこからともなく聞こえている。
前髪から水が垂れた。
一瞬、夢や幻想を見てしまったのだろう。こうだったらいいなという自分の想いが見せた幻。
「シジマ君、どうだったかね?」
所長の声に振りかえる。後ろに少し顔の赤い所長が立っていた。白い息が二つになる。
「彼女に会えたかね?」
それが、よくわからないんですと伝えようとしてシジマは盆に何かが落ちたのを見た。
波紋の中に薄桃色の花弁があった。
あの桜の花びら?
シジマは知らずのうちに微笑んでいた。それはここ数年間できなかった自然な笑み。
トキトウを失ってからシジマはどうしてあの日の依頼を自分が請け負わなかったのか。その時自分は何をしていたのか。そもそも想いを伝えなければこんな想いはせずにすんだのか。
それはあまりにも独りよがりだ。
夜になれば色々な声が頭を支配した。自問自答する声やさよならメッセンジャーで会った人々。
それらが桜の花びらの公園からさああっと消え去ったかのように思えた。
トキトウのさよならで辺りは静寂に満ちた。
世界はこんなに静かで穏やかなものだったのか。

「ええ。トキトウに『さよなら、シジマさん。また明日』と言われました」
「ふうん。良かったね」

さようなら。
そうすれば、きっとまた会いたい人に会えるのだ。
シジマは両目をつぶり彼女の声をもう一度蘇らせた。

いつか、また。

人は誰かに会って、別れて、また出会ってを繰り返している。それらは世界からしたらほんの一瞬の間隔で起きていることで、今こうしている間にも誰かは会って別れている。
そうすることで成長するのは後退するのかはその人次第だが、そのような自然の摂理になっている。
誰にも出会わず誰にも別れない人なんてこの世にはいない。
シジマは、ようやく世の無常さを許せると思えた。
そうでないと、きっと人は生きてるとは言えない。

所長が肩をすくめて中に入ったのでシジマも後に続く。
そして、もう一度盆の中を見ると桜はもう消えていた。



おわり。

スポンサーサイト

さよならメッセンジャー「さよならの力」

「今ぐらいの時期でしたか」

なんとなく、ふいに仕事が空いた時間に所長がぽつりと言った。
日付は12月31日。大みそかである。
クリスマスのさよならラッシュが終わり、次の山場は年末、正月だが今年はこうして暇なひとときが訪れるということは去年よりは不景気なのだと感じた。
メッセンジャーで頼まずに経費節約で自分から別れを切り出せばいいことの話だ。
そもそも不景気だと彼女や彼氏につぎ込む余裕がなく独り者が増える。独り者が増えればさよなら、は増えない。

所長の言葉にシジマは書類整理から顔をあげた。
今ぐらいの時期。何のことですか、とは尋ね返さなかった。
シジマもそう、考えていたからだ。

重く垂れこめる雪雲。窓の外の風景もあの日に似ていてより一層過去を思い起こさせる。
心が次第に冷えていく――。

○ ○ ○

その日は目がまわるくらいに忙しかった。
電話は鳴っているは、シジマは出かけたきり次から次へと仕事で会社に帰ってこれないは、所長はもうお茶をすすりはじめているは。
一瞬、トキトウは動きをとめた。見ると所長はもう諦めている。
「トキトウさーん。もう依頼はそれ以上受けなくていいよー。うち三人しかいないからねー」
「だって、こんなに電話が! あ、私訪問メッセージ請け負ったので出てきます!」

トキトウは頭の中で依頼内容を確認しながらコートをひっかけた。
依頼主は男性だった。真面目そうな人で、優しそうな風貌ではあった。名前はクロカワ。シラミネという女性に別れを切り出すことに決めたらしい。
別れにはいつだってドラマがあると、トキトウは思っていた。
しかし、別れの言葉は短く何だかクロカワの声から悲壮感や怒り、愛などといった感情は一切読みとれなかった。
シラミネという女性と本当にカップルだったのかも疑わしいほどだ。
遊びの恋だったのかもしれない。
そう思うと少し足が重かった。シラミネという女性がかわいそうだ。

○ ○ ○

「――以上がクロカワ様からのメッセージです」
トキトウは家に上げてもらいメッセージを丁寧に伝えた。やつれたシラミネという女性はじっと何もないところを眺めていた。
顔を上げる。
「彼があたしを捨てれるわけないじゃない……」
「え?」
頭の中で言葉を考える間もなく、シラミネが立ち上がりセーターを脱いだ。いきなり何をするのだろうと目を丸くしてみると彼女の体には見るに堪えない痣だらけであった。
「こんなことをして別れるっていうの? 簡単に? あたしはそれで別れてなんかやらない」
目がぎらついている。涙を流し始めた彼女は、キッチンへ向かうと包丁を握りトキトウを睨んだ。
「あたしが暴力に耐えていたのは彼を愛していたからよ、彼もまたあたしを愛していたからこんな、身体にたくさんの傷を……そうでなかったら、この現実は一体何の意味があるの? あたしがこんなことになる今、この状況に一体、何の意味があったって言うの?」
支離滅裂な言葉をはきながらシラミネは包丁を握ったまま外へと出ていった。
トキトウも焦って彼女を追いかける。
ドアは開きっぱなしで、寒い風が入ってきていた。薄着のまま彼女は彼のところへ飛んでいったらしい。

灰色の空から雪がちらつき始めていた。

○ ○ ○

包丁を持ったまま鬼のような形相で髪を振り乱して走る彼女に通行人が驚き避けていく。
シラミネの足は速い。白い息を吐きながらもトキトウも全力で彼女を追いかけた。
ところが道路の真ん中で彼女はふいに足をとめた。
車がびゅんびゅんと走っている道路の真ん中で、だ。

「シラミネさん……!」

トキトウは走る。横を観ると大きなトラックが走行してくるのが見えた。ライトに照らされた彼女の背中しかトキトウには見えていなかった。
早く彼女をそこからどかさないと。心臓が耳の近くになったようでうるさくも思ったが瞬間、とても静かになった。
とん、とシラミネの背中を両手で押してから、すぐに衝撃を受ける。
宙を飛んでいるときトキトウの頭に、シジマの名前が浮かびあがっていた。

――四十万と書く名字だけど『静寂』もシジマと読むんじゃなかったっけ……。

地面にたたきつけられて彼女は静けさに包まれた。




○ ○ ○


トキトウに助けられたシラミネはその場で放心していたらしい。
シジマが急いで病院に駆け付けたときはすでにトキトウは息をひきとっていた。シジマは行き場のない怒りを感じた。顔に張り付かせた笑顔も強張り眉間のしわが消えなかった。
トキトウが死んでからしばらくは仕事ができなかったくらいだ。
そうでなければ、誰かに八つ当たりをしてしまう。

あれから、時がたち少しは……サービス業ができる人くらいには戻れたとシジマは思う。
本来ならこんな仕事すぐにでも辞めてもおかしくなかった。
けれど、意気消沈したシジマに所長がある日こう言ったのだ。

『ねぇ。シジマ君は魔法みたいな曖昧で抽象的なものを信じてみる気はある? さよならの言葉にはね、少しだけ言霊みたいなのかな。なんか力みたいなものが宿っていてそれを言い続けた人には、ご褒美がもらえるって話』

ご褒美て、と問えば所長は笑みを浮かべて言った。

――本当に欲しい人からの『さよなら』の言葉らしいよ。それってつまりもう一度だけ彼女に会えるんじゃないかな?


おわり。

さよならメッセンジャー「嘘のさよなら」

「さよなら、いつかまた――これが彼女からのメッセージです」
親と暮らしているという冴えない風貌の男に告げられたメッセージは何の変哲もないと言えば失礼だがトキトウが思うにメッセンジャーという仕事をしていれば月並みだなあと感じずにはおれないシンプルなお別れの言葉だった。
男の名前はタキタと言った。
タキタは眠たげな目をしており、トキトウの言葉を聞いて一瞬だけ目を見開いたかのように見えたが気のせいだったかもしれない。前髪が長いのであまり確認できなかった。
家の門から中にはもちろん通してもらえずトキトウはそのまま去ることにした。

○ ○ ○


「トキトウさん、あなたを出せと喚いている女性から電話がかかってますが代わりますか?」
シジマの言葉に首をかしげる。誰だろうと思って電話を出てみると確かに相手の女性は混乱状態にあった。
『もう、どうしてくれんのよ! あんたのせいよ! あれから一切連絡がとれないじゃないの!』
「落ち着いてください。まず、名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」
『タキタさん、無感動な人だから何かサプライズを用意したくてメッセージを頼んだだけなのに本気でとらえちゃって……電話もつながらないし、家に行っても出てくれないし……』
名前を名乗らないがタキタ、と聞いて納得した。あの眠たげな目が思い浮かんだ。
この女性に対してあの彼氏とは合わないなあと思っていたことも思い出した。
「どういうことですか。本気でとらえてもらえれば、いいのではないですか?」
『嘘なの、別れようなんてあたしはこれっぽちも思ってなかったの!』
「――え」

話を頭の中で整理する。つまり彼女はタキタを驚かせたくてさよならメッセージを頼んだに過ぎないのだ。
彼女の中では相手が驚き彼女に問い詰めたところで明かす手はずだったようだ。
それが別れの言葉を本気に受け取りすぎてあれ以来、一切連絡ができなくなったらしい。

さよならエージェンシーとしては「さよなら」の後クライアントがどうなったかなんてことまでは関係ない。それで本当に別れた人たちもいるしできいなかった人たちもいるかもしれない。それはプライベートなことなので確認はできない。
だから、料金をもらいメッセージを言う。これが終わればあとは知ったことではない。
そうトキトウは考えるのに口から出た言葉は別だった。

「わかりました。これからタキタ様へ謝罪に行ってまいります」

○ ○ ○

「申し訳ございませんでした。別れの言葉はタキタ様宛ではなく別のお客様の物でした」
深く一礼する。
またタキタは門を開けるでもなく庭先まで、とした。
「……どういうこと」
タキタのセリフが少し不機嫌なものとなる。
「ですから、別の方へのメッセージを取り違えてしまいまして――」
「今更」

トキトウの言葉をさえぎりタキタが門を開け放った。そしてトキトウを睨みつける。
「そんなことがまかり通るとお前は思っているのか? 俺は悩んだし、悲しんだ。これ以上ないくらい悲しんだ。分かるか、彼女本人からじゃなく誰とも知らない小娘から聞かされたんだぞ。
 発狂してもおかしくない状況だった……」

タキタの頬は少しこけたようにも見えた。その言葉の通り前髪の間から覗く目から悲しみが滲んでいる。
無感動な男。確かに最初の印象はそうだった。
けれど今タキタは、涙を流していた。
「俺は……自分という男に自信がない。彼女がいつ別れようと言うのか不安だった。あんたがメッセージを持ってきたときは『ほらな』と思った。俺はずっと一人かもしれない。でも、俺に会いたくなくなったなら……もう会わない方がいいと思った……じゃないと俺は泣いてすがって鬱陶しい男になり果てるからだ」

どうしようか、トキトウが動けないでいると高い声が割って入った。
後ろを振り返ると彼女がいた。
「タキタさん……彼女は悪くないの。あたしが……ごめん」
すると、タキタが彼女を強く抱きしめた。
トキトウは目を見開く。
お互いを抱きしめ会う二人を眺めているといつの間にか横にシジマが立っていた。
「放っておけばよかったんですよ。あなたが行くと余計に事態がややこしくなりかねません。我々の仕事はメッセージを伝えるだけ。そのあとの二人はメッセージの真偽など知ったことではないんです」
「……今回だけはうなづくしかありません」

トキトウは悔しげにうめいた。
シジマと帰路につきながら、さよならの言葉の裏はひとつではないのだと、考えていた。






おわり。

さよならメッセンジャー「ハートブレイカー」

 目の前の白いスーツを着た(一見、怪しい宗教の人かヤクザにも見える)男がシジマに微笑んでいる。
実はこの男と会うのは二度目であった。シジマも絶えず笑みを浮かべているが目元がひくついている。
「クライアントはあなたのクライアントに『さよなら』を言い渡しました。なのに彼女に何度もメッセージを伝えるのは辞めていただけませんか。本来なら我々の関与するところではありませんが事件に発展しそうなので忠告だけします」
「私どもは伝言伝えるだけでいいんですけどね。そこをあんたらが関わってきたとしてもこっちは関係ないですわ。伝えるだけなんですから。あんたらも伝えるだけで終わったらどうです?」
「伝えましたよ、あなたのクライアントに。そのときは黙ってうなづいたのに彼女に愛のメッセージを伝え続けるのは如何なものかと、あなたに直接言いたかっただけです」

白いスーツのこの男。実は「さよならエージェンシー」に対抗すべく作られた「恋愛カンパニー」だった(出会い系みたいな名前だ)で、ラブメッセンジャーと名乗るこの男がシジマのクライアントに愛のメッセージをしつこく伝言していくのだ。電話、訪問、電話、訪問。
まるで借金か何かのとりたてのようだと彼女側はノイローゼになっている。
「こっちはお金さえいただければ何度でも愛のメッセージを伝えますよ」
「さよなら、とうちが伝えたのに脈なしなんだから、もはやストーカーの域ですよ。弁護士じゃないんですから訴えるとか庇うとかはできませんが男としてどうかなと思うんです。彼女が警察に言えばあなたの会社摘発されませんか」
「それを言えばあんたたちだって同じことでしょう。私のクライアントだってねぇ、彼女からの『さよなら』を聞いてがっくりきてましたわ。それでも私言ってやったんです。がんばれ負けるなってね」
「何、先導してんですか。そこまでしてお金がほしいですか」
「うち歩合制なのよ」

恋愛カンパニーの男は指で輪っかを作りお金のマークを作ってみせた。
この男がその男にけしかけているから面倒なことになっているのだ。

「さよならさん。巷では噂になってますよ。クリスマス前だしね。まるで死神――」

シジマを見て声をひそめる。

「ハートブレイカーってね」
「ハートブレイカー?」
「そう。愛を壊してまわってんだよ、あんたらは」

嫌な笑みを浮かべる恋愛カンパニー。この男の営業スマイルはいやらしい感じだとシジマは思った。自分もよく人から不気味とも言われるが。
シジマはこの仕事に誇りを持っていた。トキトウもよく言っていたのだ。
『さよなら、で人は人に愛してると次に言うことができるんだからある意味、愛の言葉かもしれません』
それをこいつは。

シジマは気付いたら相手を殴っていた。ファミレスだったので周りの客が悲鳴を上げる。

「あなたこそハートブレイカーにふさわしいのでは!? いいですか、これ以上彼女に近づいてはなりません。彼女の次の恋愛の自由を妨げる権利はあなたになんかない!」
「へへ……いいんですか。警察に通報するよ。暴力されたーって」
「その時はあなた方がやった一連の行動を包み隠さず警察の方に伝えますよ。成り上がりの会社が大丈夫ですかね。聞きましたよ。恋愛カンパニーの売上悪いみたいですね。そりゃそうですよね。好きだと相手に直接言えないような相手を好きになるわけがありません。愛のメッセンジャーを使えば恋がダメになると噂を聞いたことがあります」
「……ぐっ」
今の噂は口から出まかせだったがシジマの言葉に恋愛カンパニーの男は押し黙る。
そして口端の血を拭うとそのまま店を去って行った。

「――こんなつもりではなかったんですが……」

周りの視線が痛い。シジマはすぐさま勘定をして帰ることにした。

ラブメッセンジャー。そう名乗った男の言葉を頭の中で反芻する。
さよならはハートブレイカー。そうなっている時もある。けれどハートを守る役目も担っているのだ……。
心の中で笑うトキトウに、そうですよね? とシジマは問いかけた。



おわり。

さよならメッセンジャー「終わりと始まり」

君へ

言葉で表すことが苦手だからメッセンジャーに頼んだよ。
自分の口で言えばきっと君を傷つけてしまうから。
メッセンジャーが来たということは、わかってると思うけどこれは別れの手紙だ。
お互いどちらかが落ち度があって別れるというならば君に落ち度はなかった。
あったのは僕だ。
仕事が忙しくてろくに構ってもいなかったし、疲れた夜に君のメールを見てとても返す気になれず無視をしてしまったこともあった。愛があればできる、とは思わなかったけれどそれでも申し訳ないと思うどころが疎ましいとさえ思うこともあった。
考えたらおかしいことだよね。
僕から付き合ってと言ったくせに疎ましい、だなんて。
文であっても君を傷つけているかな。
でも率直な経緯を伝えたかったんだ。
君と過ごした日々は忘れないよ。春は近くの公園までコンビニで買ったお弁当持って花見に言ったね。
そしたら見知らぬ子供がやってきて「こんなとこでどうして食べてるの」なんて言われたりして。
あそこの桜は結構綺麗なのに近所の子たちは身近すぎて美しさに気づかないのだろうな。
夏は君の住んでいた田舎に旅行に行ったよね。
川と森と田んぼと何もない、って言えば失礼だけど入道雲を遠くに眺めているとすがすがしい気持ちとなったよ。森のざわめきを聞いたのは久しぶりだったしセミの声もうるさいくらいだった。
こんなところで君は育ったのか、悪い子には育つはずがないと思った。
秋には一緒に……何もせずに満月を眺めたのが実は僕にとって一番の思い出なんだ。
冬はイルミネーションを眺めてから君の買い物に付き合ったな。君はバーゲンに目がなかった。年末歳末バーゲンの勢いと熱気はすごかったよ。
いつからそんなことをしなくなったのかな。キスをしたのはいつだったか。君が笑ったのはいつだったのか。
思い出せなくなって思い出が過去になって……気付いたから別れたようと思った。

ごめん。

そして、僕なんかと付き合ってくれてありがとう。
その過去はきっと僕のこれからの支えになると思う――」


○ ○ ○

「普通、メッセージを読み上げているときに泣き始めますかね。僕らの役目はメッセージを正確に伝えることだというのに」
「シジマさんは人を愛したことがないから、そう思うんです。非情人間ギャートルズですよ」
「原始人ではありません。ていうか、ギャートルズ知ってるってあなたいくつですか」
トキトウはメッセージを読み上げているときに泣き始めて後半はぐだぐだになってしまったらしい。
メッセージを聞いたメッセージ受取人も泣きだして一緒に目をはらしたとのこと。
シジマは、今までの経験上そういうことがなかった。
トキトウが「いいなあ、あんな手紙いただけたら女冥利に尽きるというものです」なんて所長にぼやいている。
なんとなくトキトウの読み上げたそのメッセージを聞いてみたい気がしたがプライバシーにかかわるので詳細は担当の者以外、聞いてはいけないことになっている。
「その前に彼氏を作らないといけませんね」
「うっ。わかってますよ。でもこの仕事していると恋愛恐怖症になりそうですよね」
「そうですか」

彼氏はいないのか、となぜかほっとしている自分に気づいてシジマは多少自己嫌悪した。


おわり。

▲ページトップに戻る