主人公が安定の強さ。

著者 :
バップ
発売日 : 2014-12-24
漫画に忠実で、声優さんたちも豪華だった。ほしいなあ。


浦澤直樹さん原作の柔道漫画「YAWARA!」は大好きな漫画のひとつです。
リアルタイムでは幼く、面白さがわからなかったのですが、大人になってから漫画を読んでどはまりました。
続きが気になって仕方がない。
スポーツ漫画で女性が主人公っていのうも珍しいのですが、珍しいといえば主人公が負け知らずということです。
だいたいのスポーツ漫画は主人公が秘めたる才能を持ちつつも最初はド素人で、段々努力とか経験値をつんで強くなっていきます。
柔の場合は一話目からほぼ強いです。
そこから、それなりの努力はしていくのですが本人が葛藤するのは別のことだったりします。
もともと、普通の女の子にあこがれるヤワラが柔道をがんばるようになるのは、おじいちゃんの言う国民栄誉賞が欲しいからとか金メダルが欲しいからというものではありません。
イケメンである風祭さんの登場がきっかけ、自称ライバルのサヤカさんもちょっとは主人公を焚き付けます。
それらをおさえて、新聞記者の松田さんが彼女に夢をみはじめたのが一番大きいですよね。

試合のシーンでは、主人公の視点ではなくほぼ周りの思考を描いています。
ヤワラが調子が悪いときは、他ごとに気をとられていることが多いです。メンタル面ですね。
それさえなければ、ほぼ一本勝ち。
スポーツ漫画で「天才」を主人公に置くのは楽なようで難しそうです。
ですが、毎回ひやひやとする面白い柔道の試合シーンを描いているこの漫画はまさに神漫画、だと私は思います。
今だったら少女漫画の部類でも通用するかもしれませんね。
かるた熱血漫画「ちはやふる」の方が恋愛要素が少ないかもしれない(笑)

アニメのブルーレイボックスが出ていて密かにまた人気を呼んでいるようです。
昨日は妹がツタヤの宅配レンタルでヤワラのアニメDVDを借りたので一緒にみておりました。
展開が早く、次々とキャラが出てきますね。しかもこれからずっと縁があるキャラばかり。

また最初から読み直したくなってきましたが、長いですからね。
それはまた今度ということで。
お時間ある方でまだの人は是非。
アニメがほぼ漫画と同じなのでそちらをレンタルでもいいし、お金あればBOXですね。
スポンサーサイト

喪中なり。

今敏監督が膵臓がんで亡くなったというニュースを聞きショックを受けております。私が好きなアニメ監督で「千年女優」「パプリカ」「妄想代理人」「東京ゴッドファーザーズ」など、どれもレベルの高いアニメ作品を生み出す方だった。「パプリカ」に関しては海外に出品している、これからって時に監督は自作製作中に亡くなった。
もーこれから、誰の作品を楽しみに生きればいいんだ! ジブリだけか!? 押井守監督か、大友監督か、なかむらたかし監督か、はたまた原恵一監督か……好きなアニメ監督はいるけど、実はこの中で二番目に好きなのが今敏監督だった。一番はジブリだけどジブリは宮崎駿監督だけじゃないもんね。
ってことで平沢進さんの音楽とアニメのコラボももう観れないかもしれません。
えええぇぇぇいやだあああ! と駄々をこねたい気分です。これを語れるのは友人一人と家族くらいなのですが全国にいるアニメファンは喪中ですよね。
新聞の小さくのっていました。残念すぎます。

AKIRA

先週の日曜に「AKIRA」やってました。録画しましたv 本当にこのアニメは何度見てもすごい。母曰く、海外のなんやらに出品用に作られた海外向けの作品だったそうです。これぞ「クールジャパン」
昔のアニメなのでCG技術とか全くなく全て手書きの映画となるわけですがすごい迫力。とくにテツオが最後暴走し巨大化していくシーンは何度見ても気持ち悪い。口をぽかんとしてみてしまうアニメですよね。これ原作あるみたいなんだけど続きがあるんでしょうか。ちょっと読んでみたくなりました。
こういうアニメがもっと見たいです。

四畳半神話体系アニメ化!

私は森見登見彦さんの小説が好きです。その中でも「四畳半神話体系」がアニメ化するそうです。楽しみです。で、ちょっとだけ画像があったので見たのですが世界観を壊さないよううまーく作っていると思いました。
信頼と実績のマッドハウスだから安心ですね。マッドハウスでのアニメ化は私的に成功だ、と思えるものがいくつかるので好きです。
四畳半神話体系は駄目な大学生活を送る主人公のはちゃめちゃな日々の青春もの、といった感じでしょうか。うる星やつらみたいなんですよ、おもしろい大学。森見さんの文章はとても古典文学のような味わいがありつつラノベのような新しい文章なんですよ。そして京都がいつも舞台なんだけど雰囲気出てるのです。京都行きたい。
この作者で最初、読んだのは「夜は短し恋せよ乙女」ちょっと不思議な京都の夜を、黒髪の乙女を追いかける主人公の男の話。森見ワールドはどこかで繋がっているため「あ、このキャラは!」とか「あの人はこんな人だったのか」「この舞台の裏を知っている」とかそれも楽しめます。

パルムの樹

今日は午前中、掃除してから録画してあったけど一回見たきり置いたままになっていたアニメ「パルムの樹」を見てました。すごいファンタジー世界で一見、子ども向きな気もしますが中身は大人向けです。えぐいシーンとかもあり「AKIRA」を彷彿とさせるところも。映画紹介はこちらよりどうぞ「パルムの樹
ともあれ巨編なのでそれを見たら体力がなくなり眠ることにしました。久しぶりに眠った眠った~。あまり良くないみたいですけどね、休日の『寝貯め』。基本眠りを貯めることはできないので返って疲れるみたいですが、時間あればしてしまいますよね。

ところで昨日はこっそり時の魔女アイリスシリーズ「君が夢見た願い事 僕が叶える願い事」をアップしました。登録してある恋愛遊牧民分も更新内容を変更しなくちゃいけませんが、午後9時~午前1時までは更新するとサイトに負荷かかるため御遠慮下さいとのことなので、また今度。って気付いたらパソコン触る時間って丁度その時間なんだよなぁ。

拍手お礼。

1/18 0:00の方。
1/20 3:00の方。11:00の方。

拍手してくださった方ありがとうございます。私、がんばります!
▲ページトップに戻る