ひるね姫、面白かったですが。

001l.jpg

アニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」をレンタルして観ました。

あらすじはオフィシャルサイトから引用します。

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。

進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、おさななじみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。

ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。


夢と現実がないまぜになる話。
なんてファンタジーだと思いますが、そこは神山監督。
東のエデンや攻殻機動隊の監督というだけあって、とても、現実的で辻褄があうファンタジーでした。
ファンタジーが矛盾が生じているわけではありませんが、子供が観るには少々、難解な設定だったように思います。
例えば、夢で自分は幼いお姫様でタブレットを使えば魔法使えます。
で、夢で車に命を与えて幼馴染のモリオと一緒に、空を飛びます。
岡山県にいた二人ですが、夢から覚めて気付いたら大阪。
あれ? 夢の移動距離が現実にも反映している? と思うじゃないですか。
しかし、それは乗っていた車が自動操縦機能がついていたわけで。

東京オリンピック3日前。
自動車メーカーが主人公ココネの持つタブレットを狙うのはこの車の自動操縦のコードが欲しいからなんですね。
オリンピックで、日本の技術を見せつけるやつあるじゃないすか。
そこで自動操縦車お披露目の予定なんですね。
でも、うまくいかない。
昔、会社を辞めた会長の娘が技術を持っていた。
そのタブレットはどこだ――。
……てなわけで、夢でもメーカーの者が悪者として現れます。
同じ顏のやつが同じようにココネを狙います。
これは、ロボットと車と夢と現実の話なんです。
たぶん、神山監督からしたら、かなり緩めに作った若い子向けの作品だったと思うのです。
君の名は、に続けということも、もしかたら言われていたのかもしれません。
ところが、これはかなり観る年齢層が限定される印象でした。
子供向けのようで、子供向けではない話。
自動操縦のコードを巡って、また大手自動車メーカーの親子の確執(ココネの母と会長)、本当のワタシ探し……。
本当のワタシ探しとありますが、ココネには迷いがありません。
しいて言えば、両親のことをあまり聞いてないなあということだけでした。
ココネはちょっとヤンチャなお父さんに育てられ、母もいなかった為、とても自立した少女です。
これも、萌え要素がなく失敗のような気もします。
主人公普通の子です。幼馴染のモリオ(大学生年上)を使う使う(笑)
と、いうわけで、君の名はみたいに女の子らに萌えがなく、おっきいお兄さん一部客層から減ります。
モリオとのラブ……もありません。一緒に冒険しますが、途中からお父さん参入。
お父さんも重要な立ち位置です。お父さんかっこいいですよ。
声は江口洋介さんですしね。
けど、せっかくいる幼馴染モリオが途中から影薄くなります。
てなわけで、胸キュン目的の若い女の子も観なかっただろう思います。

……つまり、アニメの萌えじゃなく、純粋に作品の構成を見るマニアな人か、メカ好きか、神山監督が好きな人は観たのではないでしょうか。
これだけディスってますが、総合的にみて、よくできたアニメでしたよ。
面白かったです。
二時間もある大作ですからね!

ただなあ。
萌えがない(笑)
この監督は潔く、大人向けのちょっと小難しいクールな近未来的な話を作った方が受けると思いました。
ちなみに東のエデン、良作ですから。

スポンサーサイト

キノの旅もアニメ化リベンジです。

1507190292_1_1_3cab586da5486d202f6187aaef8be6b7.jpg

決して、黒星紅白さんのイラストがいけないわけではない。
ですが、アニメ向きとそうではないのがありますよね。

前作は、忠実に原作の雰囲気を壊さないように童話的な感じにしておりました。
でも、読者の頭の中には華麗に動くのキノがいたので、どうしてかつまらない印象になってしまっていたように思います。
少なくとも、私はそう(笑)

てなわけで奇跡が起こってですね、キノの旅もこのたび、再び、アニメ化なんですね。
一話を観た感想としましては。

「いい!」

です。アニメ向きのキャラデザ、構成。
非常に見やすいです。
ただ、モトラドの声は攻殻機動隊のタチコマみたいな女性の声が良かったなあと思ったりします。
好みの問題です。
キノの旅は、寓話的でありながらテーマが深いですね。
考えさせられる話が多いです。
人を食べている人らの話も怖かったなあ。
あの人のストーカーっぷりは楽しめるのだろうか。
師匠たちの話も好きだなあ。
でも、なんといってもキノの生い立ちの話ですね。
続き、楽しみにしてます。

原作、途中までしかないけど、続きを買おうかなと思いました。
電撃文庫でリベンジアニメしてほしいといえば「ブギーポップ」ですかね。
あとアニメ化してほしいのが「キーリ」。これは名作はやで。
福岡の方でイラストレーターさんの個展やるみたいで、キーリのイラスト祭りみたいです。
行きたい。でも遠い。

今年の秋はアニメファンタジー対決してますね。
魔法使いの嫁もやりますしね。

クジラの子らは砂上に歌うアニメ化!!

ボニータコミックからアニメ化だと!?
秋田書店快挙ではないか。




クジラの子らは砂上に歌う、アニメスタートしました。
この漫画がすごい大賞をとった漫画だったので原作は読んでました。
読んで、じんわり感動してましたが、アニメ化とまでいくとは思ってもみませんでした。
一話観ました感想は「面白くなりそう!」です。
登場人物が多く、世界感も独特なのでアニメ向きな作品だと思います。
泥クジラという謎の動く乗り物にのって砂漠の海を航海している人々の話なんですが。
超能力つかえたり、戦争の影、行き過ぎた文明。
あれ、これはどこかで――そう、ジブリっぽいんです。
どこか懐かしい、SFファンタジー。
未来少年コナンも思い出します。
ここまで、世界感を丁寧に描いている作品も今時珍しいですよね。

下記は、ウィキペディアより抜粋あらすじ。

砂がすべてを覆い尽くす世界。砂の海に浮かぶ巨大な漂泊船“泥クジラ”で暮らす人々の多くは、感情を発動源とする超能力“情念動(サイミア)”を操るも短命だった。

「外界から閉ざされた“泥クジラ”で短い一生を終える」

その運命を受け入れる少年チャクロは、ある日突然漂着した廃墟船の中で1人の少女と出会う。彼女の故国「帝国」は“泥クジラ”の住人の祖の故郷であり、自分達が流刑囚の末裔であることを知る。帝国との戦いの後、第3勢力「スィデラシア」の青年貴族ロハリト一党を仲間として迎え入れた矢先、チャクロらは短命の原因が“泥クジラ”に命を吸われているためだと知る。あまりにも残酷な秘密に他の者には隠し、守ってゆく誓いを立てる。しかし、無印を蔑み彼らに仕切られることに不満を抱く双児シコクとシコンが印である自分達が泥クジラの運命を決めて無印を切り捨てる呼びかけをし、泥クジラの住人の間に動揺が走る……。


テーマが命や戦争、人の在り方なんです。
だからでしょうか、読んでいると涙がにじむ話なんです。
是非、未読の方はどうぞ。

主人公が安定の強さ。

著者 :
バップ
発売日 : 2014-12-24
漫画に忠実で、声優さんたちも豪華だった。ほしいなあ。


浦澤直樹さん原作の柔道漫画「YAWARA!」は大好きな漫画のひとつです。
リアルタイムでは幼く、面白さがわからなかったのですが、大人になってから漫画を読んでどはまりました。
続きが気になって仕方がない。
スポーツ漫画で女性が主人公っていのうも珍しいのですが、珍しいといえば主人公が負け知らずということです。
だいたいのスポーツ漫画は主人公が秘めたる才能を持ちつつも最初はド素人で、段々努力とか経験値をつんで強くなっていきます。
柔の場合は一話目からほぼ強いです。
そこから、それなりの努力はしていくのですが本人が葛藤するのは別のことだったりします。
もともと、普通の女の子にあこがれるヤワラが柔道をがんばるようになるのは、おじいちゃんの言う国民栄誉賞が欲しいからとか金メダルが欲しいからというものではありません。
イケメンである風祭さんの登場がきっかけ、自称ライバルのサヤカさんもちょっとは主人公を焚き付けます。
それらをおさえて、新聞記者の松田さんが彼女に夢をみはじめたのが一番大きいですよね。

試合のシーンでは、主人公の視点ではなくほぼ周りの思考を描いています。
ヤワラが調子が悪いときは、他ごとに気をとられていることが多いです。メンタル面ですね。
それさえなければ、ほぼ一本勝ち。
スポーツ漫画で「天才」を主人公に置くのは楽なようで難しそうです。
ですが、毎回ひやひやとする面白い柔道の試合シーンを描いているこの漫画はまさに神漫画、だと私は思います。
今だったら少女漫画の部類でも通用するかもしれませんね。
かるた熱血漫画「ちはやふる」の方が恋愛要素が少ないかもしれない(笑)

アニメのブルーレイボックスが出ていて密かにまた人気を呼んでいるようです。
昨日は妹がツタヤの宅配レンタルでヤワラのアニメDVDを借りたので一緒にみておりました。
展開が早く、次々とキャラが出てきますね。しかもこれからずっと縁があるキャラばかり。

また最初から読み直したくなってきましたが、長いですからね。
それはまた今度ということで。
お時間ある方でまだの人は是非。
アニメがほぼ漫画と同じなのでそちらをレンタルでもいいし、お金あればBOXですね。

喪中なり。

今敏監督が膵臓がんで亡くなったというニュースを聞きショックを受けております。私が好きなアニメ監督で「千年女優」「パプリカ」「妄想代理人」「東京ゴッドファーザーズ」など、どれもレベルの高いアニメ作品を生み出す方だった。「パプリカ」に関しては海外に出品している、これからって時に監督は自作製作中に亡くなった。
もーこれから、誰の作品を楽しみに生きればいいんだ! ジブリだけか!? 押井守監督か、大友監督か、なかむらたかし監督か、はたまた原恵一監督か……好きなアニメ監督はいるけど、実はこの中で二番目に好きなのが今敏監督だった。一番はジブリだけどジブリは宮崎駿監督だけじゃないもんね。
ってことで平沢進さんの音楽とアニメのコラボももう観れないかもしれません。
えええぇぇぇいやだあああ! と駄々をこねたい気分です。これを語れるのは友人一人と家族くらいなのですが全国にいるアニメファンは喪中ですよね。
新聞の小さくのっていました。残念すぎます。
▲ページトップに戻る