読書のすすめ。

昨日は、病院の付き添いで待機時間が多い日でした。
なので、暇つぶしの本を持っていきました。
今回は
綿矢りささんの「勝手にふるえてろ」を持参。
すごく、おもしろくて一気に読めちゃいました。

内容はというと、主人公のヨシカは26歳のOL。妄想癖あり、過去オタク。
一番好きな人のことを内心「イチ」と呼んでて、ヨシカのことを好きな会社の男性を「ニ」と呼んでいたりします。
自分のことを好きなニをすきになれば、まあまあ幸せになれるはずなのに、賞味期限きれの片思いを捨てきれずにいます。

目の前にある大事なことに気づけない女の子が失いそうになって初めて、気付く話――なんですが、とてもユニークな文章かつ、読みやすいです。
オチは三択くらいしかないはずなのに、彼女が「彼」を選んだのが意外でした。
とてもいいオチです。
実写映画化になっているようで、見たい作品だと思いました。

作者さんは、とてもすごい方ですが、私でも書けそうな作品でした(笑)
(いや、もちろん書けそうで、書けませんよ!)
というのも、主人公の一人称だから、主人公の思考レベルが私と合っているだけなんですね。
文庫を買ったですが後半に入っている短編「なかよくしようか」が少し難しかったです。

本作を検索すると「キュートな恋愛小説」とありますが、果たしてそうかなと思いました。
女の子の生々しい子供っぽい思考回路が描かれてます。
私はそこが良かったのですが。
男性が読むと、あまり面白くないのでは? と思いますよ。
キュートな女の子が出てくるかは、お約束できません(笑)


スポンサーサイト

いつか別れる。でもそれは今日ではない

いつか別れる。でもそれは今日ではない




素晴らしいタイトルと表紙と中身の写真の美しさに思わず購入。
本書は作者のFさんがツイッターでつぶやいていたことをまとめた本です。
散文やご指南的なことを写真とかと字体を変えたりして、綴られております。

考え方に偏りがあって、共感できない人もいると思います。
私はこんな女が嫌いだ、と書いてますが、別にそんな女である読者が共感しなくてもいいのです。
作者は女性なのか男性なのか、わかりませんが、この人はこう思うだけなのです。
決して押し付けがましくないです。
静かで孤独な夜に読むやつです。

「ずっと、なんてない。だから今が楽しく、切なく、永遠なのだ。
 まるで宝石のように自分の悩みを抱えて、それを撫で回し続ける人がいる。でも、大抵の悩みは街角で配られたティッシュと同じ。世間から適当に押し付けられたがらくたのようなものだ。誰かがすでに悩み抜いたような問題で自分が悩むのは
間抜けも同然である。そんながらくたのようなことのためにわざわざ悩む必要なんてない。まったく悩まないことはできないにしても、悩み過ぎないことはいくらでもできるのだ」
P220、いつか別れる。でもそれは今日ではないより。

女性は共感に癒されると思うのです。
悩んでしまうけど、その悩みに対して「〇〇すりゃあ、いいじゃん」という強いアドバイスを頂くときや、その悩みを解決する正解らしき答えに至ることがあります。
あとは行動に移せばいいだけなのに動けなくなるときありませんか。
そのアドバイスが適切だとしても、どうせ悩むのです。
できるのは、共感でそれができるのは、友達、もしくはこういった本なのではないかと思いました。
恋愛だけに限らず、ちょっとしたことで悩む人は『こうしたら』ではないにしても『私はこう思うことにした』という内容は少なからず癒されるのではないでしょうか。
決めるのはどうせ本人です。

少しだけ考えすぎてしまう人にとって、肩を軽くする考え方のヒントになる本だと思いました。

第2333回「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」です食欲の秋、運動の秋など○○の秋というフレーズがたくさんありますが、やっぱり「読書の秋」は欠かせません!小学生の頃にはよく「秋の読書月間」とかやっていたなぁと感じます普段、あまり私は読書をしないのですが、人生に迷いが出始めているのか、最近はビジネス書籍や自己啓発本を読む機会が増えてきた気が...
FC2 トラックバックテーマ:「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」



トラックバックテーマをあえて書いてみようと思います。
最近、読んだのは「プリンセスメゾン」です。



この漫画を読むきっかけといえば、同じ作者の「繕い裁つ人」に感動したからっていうのと、北川景子さん主演のドラマ「家を売る女」で家を買う話に興味をもったからでした。
この漫画は主人公の女の子が(独身・パートで年収250万ちょっと・家族なし)が家、マンションを買う話ですね。
4巻ではついに家を買ってます。
主人公の沼越さん、沼ちゃん以外にも女性の独り暮らし、家を買う人、引っ越しする人、生き方を考える人、様々な「女性」が物語を交差していきます。
人から生き方なんてどう思われてもいいんですよね。
家だって、買っていいんです。
沼ちゃんの一生懸命さや、一本筋が通ったところはかっこいいなと思いました。
不動産のみんなと仲良くなっていくのですが、ファンになるのは仕方ないことだと思いました(笑)
特に伊達さんがかなり彼女を買っているんですね。
実は気にかかっているという描写がちらほらあります。
恋愛ものじゃないので、そこは進まないですけど、寡黙な伊達さんが一目置いているのは確かです。
NHKでドラマ化したそうですが(DVD化しないってうそでしょ、まとめてみたい)伊達さんが高橋一生さんみたいです。
高橋一生さんはジブリの耳をすませばの天沢君の声みたいですね。
そこはともかく、今注目の俳優さんですよ。私も自然な演技が好きです。
伊達さんはめちゃ、はまり役だと思いました。

私も結婚してなくても、予定なくても、家を買ってみるという選択肢をつい考えてしまう漫画でした。
それを想像すると、切ないようで怖くて、でもわくわくしてしまいますね。
この漫画はそう思わせてくれる漫画です。
ただ今、4巻まで出ております。

美しい漫画「北北西に曇と往け」



表紙に惹かれて買いました。
昔の少女漫画を思わせる海外が舞台。アイスランドですって。いいなあ。
手法もどこか懐かしさを思わせますが、新しい感覚もありとても、絵柄が綺麗。
動きもよくて、ドラマみてるみたいです。

車と話せて(ちょっとファンタジー)美女が苦手な主人公、17歳日本人の表紙の青年が主人公。
探偵やってます。
祖父がモテて、若い彼女います。美人。
その美人の人のところにも主人公と同じくらいの美人がいます。
この作者の描く女性は色っぽいですね。
男性も色っぽい。
前作は「乱と灰色の世界」という漫画を描いてました。
妹が買っておりましたが、私は未読です、すみません。
妹から言わしたら、少しお話の展開が合わなかったようですね。
今作はどうでしょうか。
一巻は面白かったですよ。
主人公に弟がいるんですけど、殺人の容疑で追われてます。
そんなはずがないと、主人公は合流できるのですが、どうやら彼は嘘をついているようで―という感じで終わってました。
ちょっと、気になりますよね!

注目作品です。

市江さんと藤井さんの関係は素敵だ。

仕立人は、その人のために服を仕上げる。

おしゃれをするのは誰かのためだったり自分のためだったり。
ファッションに興味がなくても、このお話は服を着ている全ての人に繋がるものだと思いました。

主人公と丸福百貨店の人の関係も気になってきます。


プリンセスメゾンが秋にドラマ化しますが、会社の方から「繕い裁つ人」をお借りしましたので、全巻読破しました。
静かなお話ですが、優しい話ばかりではありません。
切ない、悲しい、楽しい、ほんわか……。
服を着ること=おしゃれ、とかいう単純な図式だけではないのだと気付かされます。
自分のために着る、誰かのために着る、機能性のために着る、人生の転換期だから着る。
私は特にファッションとか興味ないのですが、少し自分を顧みて本当に自分に似合う服が欲しいなと思いました。
仕立て屋さんはお金持ちしか頼まない。そう思うかもしれませんが、一生同じ服を繕い直したりして着ることは、お金のあるなしだけではない気がします。
とても、素晴らしい漫画でした。
私としては市江と藤井の関係がどうなるのか楽しみで読み進めた面があります。
納得のいく終わり方でした。
市江は祖母の仕事を受け継いだだけ、ではなく仕立て屋の仕事について自分なりの答えをみつけたんだと思います。
藤井も市江の繕う服に出会い、やるべきこと、目標がみつかって最後良かったと思いました。
中谷美紀さん主演の映画も観たくなりました。
妹は過去にみたことがあるようですが、最後少し曖昧なのが残念みたいです。
ただ、市江が繕った服たちが映画でどう再現されているのか気になります。
コバルト文庫から出ているヴィクトリアン・ローズテーラーシリーズを思い出しました。
繕う相手に寄り添って丁寧に仕事を仕上げる。
家売る女というドラマでも北川景子演じる三軒家がお客のためを思って家を売る。
女性が主人公で自分が手がける仕事への頑固さ、職人気質な物語はとても面白いですよね。

私には仕事に対してそこまでの情熱がない。
好きなこと、小説を書くこと自体でも迷いがいつだってあります。
羨ましい限りですが、どの物語の主人公も仕事に対して悩み、葛藤して自分なりの答えをみつけていきます。
強くてしなやかな女性たちに惹かれますね。

土曜日。
友達とランチ行ってきました。友達は同棲すると同時に遠くに行く予定です。
彼女も自分なりの考えを貫く覚悟が見えました。
なりゆき任せの私は恥ずかしくなりましたよ。何も考えずにいられる年齢ではなくなってきました。
これからの人生、切り開くのは自分しかいないんですよね、結局。
選択した際の責任をいつだって追いたくないから運任せなんです。

……色々がんばろうと思って週末でした(^_^;)
▲ページトップに戻る