同人誌感想!

関西コミティアにて購入させていただきました、本の感想をつらつらと述べたいと思います。

今回は、ます@レインボーさんとこの「EPITAPH(エピタフ)」シリーズ。
早生しあさん著で、真魚いづさん表紙絵のシリーズです。
現在、第一章全5巻、第二章2巻まで創作イベントを中心に販売されております。
本編プロベイショナーシリーズを刊行されておりますが、それの外伝に当たるようです。
ですが、本編読まなくても、ここから入っても大丈夫だと思いました。

小説本ですが、短編でとても読みやすく、こんなことならあと数冊買わせていただいたら良かったと思いました。
創作イベントで本を買わせて頂いても、最近読むスピードが遅いし一遍に買ってしまうと積読化現象になるのを恐れたのです。
ですが、読み始めて純粋に面白いのであっという間に読めました。
一冊の本に三話ずつなので、飽きないです。
このタイトルのエピタフというのは、本書に解説がございましたが「墓碑銘」を意味する言葉とありました。
大学で、貴族なヒロイン、リース・リアーネと狼種族の主人公、僕がオカルト事件に巻き込まれていく話ですね。
で、この先輩がどうやら、死んでいる・・・・・・?ぽい感じの独白が冒頭にありました。
ほぼ、ノー知識で読ませていただいたので「ああ、そうか。先輩が死んでいるからこのタイトルなのか」といきなり切なくなりました。
なので、実はツンデレヒロイン苦手なんですけど、先輩と僕がコメディタッチで事件を解決しているのが、戻らない過去だと思った途端、先輩キャラ愛おしくなりました。
このリースさんは、とても強引なんですね。
大学生の僕を引っ張り回し下僕扱いなんですけど、ところどころ、かわいいんですよ!
例えば、アウフヘーベンという話で妖精の輪を年末に観に行く話。
なんだかんだと理由つけてますけど、年末一緒に居たかったんだなあと思いました。
この話は僕視点なので、先輩の考えなどわかりもしないのだけど、読者にはちゃんと伝わってます。
先輩はオカルト現象にとても詳しいので、事件を解決するのはほぼ、先輩なのですが、こうやって自由に動けるのはやはり、主人公がいるからだと思います。回を進むごとに、とてもいいコンビだと思います。
行くわよ、はいはい的な定番やりとりも笑えます。
本編シリーズの名前が挙がっている人がちらほら出ているので、それも楽しめるところでしょうね。
私は今回、二巻まで購入でしたが、あれこの関西ちっくな話方ってあの人じゃないの? みたいな人がいたりしました。
読みやすいシリーズですが、背景設定はとても細かくなされているので、読み応えはありますよ。

面白いのが、三話ずつ展開していくのですが一話ごとに解説がついているところですね。
例えば、一巻の一話目。ガスライティングという話。
このタイトルの意味は「被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法」とまとめてあり、語源もついております。『ガス燈』という舞台から来ているそうですよ。
タイトルの意味があって、なるほどと思います。
作者の知識がすごいですね。
これだけ短くまとめておりますが、知識や設定がハンパないなあと思います。
あと、文章がうまいのでたぶん、読みやすいってのがあるんでしょうね。
私もそうですが、やはりアマチュア物書きというのは文章に癖がある方がいらっしゃいます。
そういうのが、無い作品だと思いました。

海外版、こっくりさんの話、先輩の婚約話、男性大学生が不気味な同じ夢を見る話、呪われた椅子の話などなど、海外ドラマみたいで面白いですよ。
出てくるおやつや食べ物も何だかおいしそうです。
また、次のイベントでは続きを買わせていただこうと思ったシリーズでした。

スポンサーサイト

10/1関西コミティアへはせ参じた記録。

IMG_0971_convert_20171008230255.jpg

久しぶりのブログなので、パソコンから写真つきで日記書く準備に苦労しました。
毎日、文字を書いていきたいのですが、なかなかうまくいってないです(^_^;)

関西コミティアに買い物へ行くのも久しぶりでした。
途中まで、行く予定ではなかったです。
でも、天気もいいし、妹も行くというし、予定もなんとかなりそうなので参加した次第です。
11時くらいに並べたのですが、人も多く活気がありました。
OMMビルでの開催でしたが、五月のときはインテ大阪だったようですね。
確かにこのくらいの規模ですと、もうそちらの方がいいのかもしれないです。

とはいえ、過去に売り側として参加したことがある身としては、駅直結のOMMビルの方がいいですね。

友達が参加しておりましたので、寄らせていただきました。
ます@レインボーさんです。
真魚いづさんに新刊の説明とかしていただきました。
こちらのサークルでは「EPITAPH(エピタフ)」シリーズを続々と刊行しております。
ものすごい、スピードです。
とても、かわいい表紙で、読みやすいシリーズだということで2巻まで購入。本当は更に出てます。
でも重版されるということで(すごい)そのときに一部訂正されるバージョン送るよ、と言ってくれましてありがたい限り。
まだ、未読ですが、順に読ませていただきます。

後は時代小説とか短編漫画とか買わせていただきました。
短編漫画買わせていただいたときに、あまりに綺麗な絵だったので「やはり、漫画家とか目指している方ですか」とつい
尋ねてしまいましが、失礼なことにすでに漫画家さんでした。
関西コミティアはプロが混ざっておりますから、気をつけねばなりませんね。
申し訳ありません・・・・・・。

関西コミティア、以前はグッズがたくさんあったような気もしますが、規制があるのでしょうか、今回はだいぶ減っておりまして漫画をや小説などを置いていらっしゃる方がいて、選ぶのは迷いますね。
短時間では見切れないと思います。
グッズもいいですが、やはり背景にオリジナルの物語がある方がわくわくします。

創作に定期的に触れなくちゃいけませんね。
今回も行って、やっぱり自由で楽しい世界だなと思いました。

それじゃあ、また。



空想くらいできるだろう?

暑い日が続いております。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
お盆はどこかけへ行かれましたか。
私は全力でお盆してました。

創作の前に借りた漫画がたくさんあったので読んでましたら連休終わりました。
四連休もあったのに!
まあ、おかげで片付いたのは良かったのですが。

カクヨムの更新を散文続けようと思っておりましたが続いておりませんね。
カクヨムの散文は直書きしてます。
でも、設定が煩わしいですね。
テキストに書いてから移した方がいいのかもしれません。
すると、余計に書かなくなるかもしれません。
ブログは設定とかしなくて良かったので、こまめにあげれました。

てことはブログに書いたやつをカクヨムにあげようか。
一番いいのは別で書いたものをストックしていき、ゆっくりあげていけばいいだけの話なのですが。
ストック作っていけたらいいと思ってます。

津村紀久子さんは途中まで兼業作家さんでした。
五時半くらいに仕事終わってそこからカフェで八時までプロットを考えていたそうです。
で、帰宅してご飯食べてお風呂入ってすぐに就寝。
でも、夜中くらいに起きて数時間執筆。
そしてまた朝まで寝る生活をされていたそうです。

眠そうですが、これならいけそうかもしれません。
なぜなら、私最近、帰宅してご飯食べるとお風呂入るまでにものすごい眠気から仮眠を取るのです。
そして十時半以降くらいにお風呂入ってから眠ります。
これを少し早めにしたらいいわけですよね。

とか、もやもや考えてます。
いつも、どこかで書かなきゃ。書きたいと考えているのはしんどいです。
誰かと会っているときも、目の前の人に集中したいものですよね。
執筆仲間なら、創作話できるのですが。
人と話すことも、きっと創作の糧になるのはわかっています。
なのに、どこかうつろ。
相手に失礼です。

仕事しないと生活できません。
家事もしなきゃ。
焦りから、家族と衝突するのも嫌ですね。

私自身がうまく立ち回らないと。
環境のせいにしたくないと、最近よく考えてしまいます。

アウトプットとインプットに勤しむ。

アウトプットは最近、小説を更新したりしてます。主にカクヨムとかです。
毎日、少しでも文章に触れようと考えておりましたが、どうして中々難しいものです。

この日記も舟をこぎながら眠ってしまいそうです。

インプットは私の場合、読書と映画鑑賞。

だから、つまったときはインプットしていかないと、枯渇しますよ。
私の場合(^_^;)

もう、猛烈な睡魔が襲ってきましたので寝ます。
さようならー。

エブリスタの短編投稿気軽にしてる。

こんにちは。
梅雨でじめじめ、じとじと鬱陶しいですね。
って冒頭では嘘になってしまうくらい最近、からっと晴れてますね。

最近、カクヨムではちゃんとしたやつ(あれでも)あげていて、
エブリスタではこのブログであげていたような散文っぽいやつを投稿してます。

三行からいけるお題小説の投稿が気軽でいい感じです。
プロットも何も考えずに、お題に沿った短いやつをあげています。

閲覧数はほとんどないですが(笑)

海と地下鉄あげました。

チョコは落ちました。

文章書かないと動けなくなるので、リハビリがてらいいと思います。

先日、銃について友達に相談しました。
ありがとうございます。

ライフル銃でも連射式はマシンガンみたいなやつで、単発式は一個一個弾を込めないと撃てないやつじゃないみたいです。
そこから勘違いしてました。
ですから、何発か装填。
レバーか何かひっかける。
弾準備。
引き金を引く。
発射。

これでいけます。
映像で勉強するのが一番ですね。
映画とか良く見ているのですが、そこらへん全く気にかかってなかったです。
今度、出てきたらよく眺めておこうと思います。
そもそもガンアクションをあまり見てないんですよね。

「PEACE MAKER」というヤングジャンプコミックスで銃がメインの漫画があるのですが。
これが映画化したらわかりやすそう。
銃アクションめちゃクールでかっこいいです。


明日は久しぶりの創作友達とご飯行きます。
楽しみだなあ。
▲ページトップに戻る