FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の備忘録ー。

どうも、こんばんわ。
小説を書こうと思ったけど、睡眠予定時間を過ぎておりますので日記だけ書いて寝ようと思います。

パソコンはノートパソコンを使っているのですが、もう古くこの前ウィルスバスター更新しましたが、これを最後にしようと思います。
新しいパソコンが欲しいです。
小説を書くのだ、と心を決めてこの古いパソコンを起動します。
起動して動くまでの時間が長くなってきました。遅い。待っている間、私は携帯を触り、手近にある本を読んでしまいます。
これでは、いざ起動しても実質作業する気力がそがれてしまっているわけですね。
そしてタイムリミットとなり結局、何もできてない!

なんか、やる気が起こらないのが不思議で、最近助けを求めるごとくメンタリストDaiGoさんの動画とか眺めてます。
これは覚えておこうと思うのがいくつか。

まず、睡眠に関して。良い睡眠・早起きができる人の特徴は『人生に目標を持っているか否か』
人生に目標がある人って短時間の睡眠でもちゃんと眠り、朝もすっきり起きれるようです。
確かに、明日これして寝ようと思ってわくわくしながら寝ると、早起きできたりしますよね。

あと、タスクをこなしたいなら、携帯の裏とかに付箋とか張ってみるといいんですって。
三つくらいまで。最初はこれだけする、とひとつだけでもいい。
優先順位を可視化するんですね。
で、可視化するのに手帳は不向きのようです。
前日に翌日、何をしたいか暗記すること。眠る前の記憶は定着しやすいので、暗記しやすいそうです。
前日にタスクを付箋で張る。ひとつくらいはこなしていきたいです。

時間がない人の特徴とはしては、時間の使い方を誤ってしまい、焦ってしまう人のようです。
あー、焦る気持ちはあるなあと思いました。
焦っても何もできてないんですけどね。


私の時間を占めているもの。仕事。少しの家事。整骨院ですかね。
整骨院の先生が「パッション」という映画を観たそうです。
あらすじを聞いて面白くなさそうだと思いました。
先生もテーマが理解できなかったようでした。
私もよくわかりません。
映画の評価ってあまり観たくないですが、気になりますよね。

さて。
何の話だったか、眠くなってきたので寝ますね。
さいならー。
スポンサーサイト

そっか……。『YAHOO!ジオシティーズサービス終了のお知らせ』

夏の暑さが大人しくなり、すっかり秋めいたころ。
みなさん、こちらではお久しぶりです。私です。

『YAHOO!ジオシティーズサービス終了のお知らせ』

このメールが来たことで激震が走った人もいることでしょう。
私の友人からはこれでログインすらできない黒歴史が消えるとほっとしておりました。
高瀬さんも数年放置してしまっている、「猫の独語」というサイトがございます。
今はカクヨムやなろうで簡単に小説がアップできる時代。

頭良くないのに、HTMLを勉強し、HPで使っていい素材を夜な夜な検索し、結局、どのページから入ったら素材のページにたどり着くのかぐるぐるとネットの迷子になった日が懐かしいです。
インターネットが急激に普及して、電話回線から光回線へと変わったのを知っている人たちは、だいたい同じ世代ではないでしょうか。
私は広告を消すこともよくわからないまま、ずっとやふーさんでサイトを更新してました。
どの作品もアップするのに苦労したので思い出深いです。
ネットで知り合った人たちもたくさんいます。
黒歴史もありますが、私にとってはとてもいい思い出です。

なので、消すことも可能だったのに残してくれていた運営さんには感謝しております。
移行機関もございますし、誤字脱字が酷いけど、どこかには移動しておこうと思います。
何より、自分の手元に残ってないんですよね。

で、久しぶりに自サイトの小説を懐かしいので読んでました。
思ったのが。

「今より、結構よく書けとる!!」

です。読者も少ないのに何をモチベーションに書いていたのだろう。まあ、自己満足で書いていたのは確かなんですけど、まあまあ書きたいことは伝わってきます。飽きずによく書けて完結しております。

面白かったのが「私とドクター」という話があるんですけど、その中で映画をみるシーンがあるのです。
映画のタイトルは「君の名は」
この私とドクターは本当に新海監督がそこまで有名じゃない大昔に書いたもの。君の名は、の企画すらあがってないほど昔。
ちょっと忘れてたのでびっくしりしました。
映画の内容は、ひとりの兵が戦時中に砂漠で現地の民に救われます。
戦が終わって、その人を探すのだけど、オチは結局会えない。
主人公の感想は映像が綺麗。もう一人の男性は何が言いたいのかわからなかったという感想。
なんか多少、「君の名は。」の評価を予言しているようで、自分に驚いてしまいました。
その私とドクターという小説は、登場人物みんな病んでます。
主人公の女性は彼にフラれて病んでました。
そこへ、彼女のストーカーが精神科医として偽って登場。
元彼が現れてまた恋をしそうになります。
元彼は彼女に興味があるという気味の悪い男性をあてがってきます。また裏切られた主人公。その気味の悪い男はお前が信用している医者がストーカーであることを明かします。
酷い内容(笑)
しかし、幸福のワンルーム然り、殺しを習う漫画然り、ロリコン兄を好きになったり、倫理的にどうなの的な話流行ってますよね。
なんかある意味、闇具合先取りしている気がしました。二重で驚き。

私ごときが思いつくので世界のどこかで同じこと考えている人がまあいるでしょうね。
要は早いもの勝ち。

思いついたら構想十年とか言わず早く手を出した方がいいと思います。
書けるとき、があるというのはよくわかりますけどね。

自作読むと、小説書くの好きだったんだなと思い出せます。
面白いかはともかく。

さて、がんばっていきましょうね。

ジブリ大展覧会に行ってきました!



どうも、お久しぶりです。
とはいえ、この日記をチェックしておられる方もあまりいらっしゃらないかと思います。
仕事が忙しいのと、小説を書くことを優先していたのと、たまに婚活行ったり、疲れたりしていたので更新が止まってしまいました。
この日記のいいところは月に一度は更新しているところでしたが、続かなかったですね。残念。

日記を書こうと思い立ったのは、結構、『やっておきたいもの』を更新しているけど、遊んだ自慢は友人らにしたくないのです。
誰も知り合いが見ていなさそうなところがここしかなかったので、綴ることにしました。
インスタも必ず知り合いが見てくれているし、ツイッターも同じく。
知り合いがどこかに行った話ってどうでもいいですよね。
てなわけでこっそり、ここで自分用として記録しておきます。




当日はものすごい人たちでした。チケット買うのも30分待ち、入場するのも30分待ちくらい。
コミケのイベント会場なみでしたよ。
場所は神戸の美術館でしたが普段、この美術館がここまで賑わったことがあったのだろうかと思うほどでした。
スタッフらは冷静そうですが、物々しい雰囲気。
子供の泣き叫ぶ声があちこちから聞こえます。

中には過去作品の宣伝ポスターやグッズ、手紙のやりとり、手書き企画書などが展示してありました。
もののけ姫からほとんど劇場で観ていますが、ラピュタとか映画館でリアルタイムに見れた人は良かっただろうなと思いました。
ラピュタの飛行船は撮って良かったのでぱしゃり。
この写真スポットも皆、頭上をばしゃばしゃ撮ってましたよ。
壁にも色々飾ってましたが、撮っていいのは飛行船のみです。



近くにロイヤルホストがありました。
地元にないので、ファミレスですが、ウキウキして食べました。
シンガポールフェアでしたよ。



当日、行ったのは妹たちでしたが、友人と行かなくて良かったです。
あまりの人の多さにマジで好きじゃないと、疲れ果てたと思うのです。
このようなイベントは家族と行くか、一人で行った方がいいですね。



おみやげのクッキー。
箱もかわいいですが、中身のクッキー、形もキャラクターですし味もおいしいし、すぐに食べてしまいました。
もう一缶買っておけばよかったなあと思いました。

当日、入場チケットは売ってますが、あらかじめ買っておかないと二度も並ぶハメになります。
私たちは事前、購入しておりました。
まだやってますかね、行く方は是非、事前購入を。
あと行けるなら平日の方がいいです。
日曜日に行きましたが、まあすごい(笑)

でも、そんなこともありましたがジブリ好きは行くべきですね、歴史を感じますしグッズも買えますし。
愛知にもジブリ関連のスポットができる予定ですし、それもめちゃ楽しみです。

では、また。

あけまして、おめでとうございます。

平成も30年ですね。
なんとも、きりのいい。

昨年は時間に追われて(毎年言ってますけど)自分のことができなかったので、やりたいことは先取りでやっていきたいと思いました。
好きなものは後で残すタイプなんですけど、食べたいものから食べる方がお得です。
若い頃は嫌なことからやって、後でゆっくり好きなことをすれば良かったのすが、
しなければいけないことをして、嫌なことをしていると、したいことをする時間がめっきり減ったのです。
削れるといえば、創作時間ですね。
簡単にできないから、後でゆっくり書こう。
洗濯もの干してから、皿洗いしてから、掃除してから、仕事終えてから、明日早出だから、先のばしていた人との約束も――。
大人だから「しなくてはいけないこと」ってたくさんあるし、無視できません。
我儘だと誰も残ってくれません。
当たり前ですね。
でも、「やらなければいけないこと」を選別します。
ちょっと、ペースを落として色々配分考えようと思った次第です。

年末あたりそう考えて、常々考えていた家の修繕に取り掛かりました。
本もたくさん捨てたり、譲ったり、売ったりしました。
積読もすごいです。
昨年ほど本を読まなかった年はありません。
今年はもう少し読んでいきたいです。

創作の友人との関わりも増やしたいですし、地元の友人とどこかへ出かけてもいい。
遠くにいる友人にも会いに行きたいです。
特に、小説を書いていきたいです。

勝手に抱負、失礼いたしました。

ひっそりと2017年を振り返る。

どうも、お久しぶりです。
年の瀬ですね。
今年は本厄でした。やはり、それらしいこともございまして、非常にやりにく一年でした。
それも今日で終わりです。
昨年は一年間が始まるのが憂鬱でしたが、今年はなぜか来年、なにをしようかとわくわくしてます。
というのも、ちょっとやってみたいことを実行していこうと思ったからです。
私は誰かに誘われてとかが非常に多く(それはそれでありがたい)何も自分からは実行したことが少ないのです。

ふ、と何かしたいと思った11月。
ぼんやりとツイッターみてますと、家から車で5分くらいのカフェに、誰か本を出した人が講演会を開くという内容の書き込みがありました。私は仕事でしたが迷いなく、すぐに応募しました。
角田光代さんの講演会がすごく良かったので、こういった機会があれば参加どんどんしたいと思っていたのです。
応募したのは「魔法をかける編集」という本を書いた藤本智士さんという方のトークショー。
失礼ながら存じ上げませんでした。
ケーキも出るし、本の販売もあとであるし、そのとき知ればいいやくらいに思ってました。
席につくと、知らない女性と少しお話をしました。
その女性は、たまたま知人が来ていたようで二人で話し出して私はまた一人になりましたが、別の隣りに座った女性と話しておりました。こういう講演会に来ると知らない人と普通に接する機会ができることに、感動しました。
別に名刺(持ってないけど)交換や、連絡先などは交換しませんでしたが、とても新鮮でした。

藤本智士氏はとても、すらりと背の高い男性でした。
堅苦しい感じはなく、自然な語り口調にすぐに親近感を抱きました。
あ、この人面白い人だってすぐに思いましたよ(笑)

何をしにきましたかというと本を売りにきました、なんていう冒頭から始まり、今のメディアの在り方について語りました。
私も疑問に思っていたことがありました。
東京を中心としたメディア。
でも、東京は首都ってだけですよね。
メディアは何かを誘導している気がしてならない気がします。
本当に興味あることはみんな違うかもしれないのに。
朝の報道番組でインスタ映えするスイーツ特集。
芸能界の不倫スキャンダル。
偏った政治報道。
私の友人はフィギュアスケートのファンですが、誰かヒロイン決めて、またライバルを決めての報道やフィギュアというものをスポーツとしての取り扱いになっていないとよく憤慨しております。
彼らはアイドルではない。解説者もルールをあまりよくわかっていない人がコメントしていることさえあると言ってました。
私は詳しくないので知らない世界です。
ですが、考え方を作られている現実にぞっ、としました。
情報が溢れすぎている現在。受け取るだけでは間違った考え方をしてしまう恐れがあるのかもしれません。

東京だけがメディアを作る場所ではない―藤本氏は地方、そしてあなた個人こそが歩くメディアであると語りました。
え、マスコミじゃないのに?
私は既に引きこまれてました。
藤本氏の遍歴とやってきた仕事を聞いて、すごく楽しそうだと思いました。
彼は雑誌の編集の仕事をへて色々なプロジェクトに参加してました。活動拠点は主に地方。
秋田県の雑誌「のんびり」の編集はまさにチャレンジだと思いました。
本音討論しながら、その雑誌を出すことによって見えるビジョンを追いかけたのです。
藤本氏のトークの中に度々出てくる「ビジョン」これ大事です。
コンペの優勝することが目標、地方CM動画再生回数何毎回が目標、売上がいくらが目標……優勝したから何なのか。
売上があるから何なのか。
優勝して、この風景を知ってもらい、守ることができる。そこまで行ってようやく完成なのです。
型や枠にとらわれて大事なものを見落としていることに気づかせてくれるトーク内容でした。

行動の先のビジョンかー、と考えて私もふと小説を書くことに思いを馳せました。
小説を書いて、賞をとることが目標?
違うなあ。賞金?
有名になること?
ああそうか。誰かを明るくさせたいと思ったことでした。
嫌なことが多い昨今。まあ、私の学生時代もぱっとしませんでした。
ぱっとしなかったからこそ本を読んでいるときはわくわくしました。
そういうの、いいですよね。
忘れかけてしまう何かを思い出させてくれて、ありがとうと思いました。

魔法をかける編集という本を買わせていただきますと、ひとりひとり丁寧に私の名前とサインを書いてくれました。
とても、楽しいお話でしたと声をかけさせていただくと、ありがとう、良かった! と言ってくださいました。
色々な方がいらっしゃいましたが、翌日仕事でしたので、すぐに家に帰りました。

とても、充実した日でした。
著名な方のトークはやはり、何か得る物がありますね。
来年もこっそり見つけては参加したいと密かに野望を抱きました。

一人旅もしてみたいなあ。
私は、もしかしてとても自由なのではと(当たり前なのに)気付いた暮れです。
それでは、皆さまも良いお年をお迎えくださいね。

来年もよろしくお願い致します。





▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。