FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探しているものはそう遠くはないのかもしれない

「探しているものはそう遠くはないのかもしれない」というエッセイを読みました。
7ルールという番組で、彼女が勧めた本は必ず売れるということで有名な書店員、新井見枝香さんの特集しててたのが読むきっかけです。
すごく面白い方で、本も好きなんだろうけど仕事も好きなんだなぁと番組みてて思いました。本が売れない時代といわれてる今ですがそんなに凄腕の本屋さんがいはことは素晴らしいことです。
本は高いですよね。ですから買ってもらうには方法が必要なわけで。
ポップに泣きましたなどの感想は書かないなどは逆にそーなのかと思いました。本は読んだ人の感想によりますからね。
で、このエッセイ。本屋の仕事のことも少し書いてありますがほとんどがどーでもいい話です(笑)話は脱線しまくるし、妄想入りますし、新井さんがまるでラジオみたいな本というのもよくわかります。
久しぶりに2日で読んじゃいました。読書スピード落ちてますがまだまだいけますな!エッセイだけど。これで書くスピードも早くならなきゃね。
よし、書くぞ。本も読んだし。
スポンサーサイト

紙の本はかさばる。

年末から我が家は断捨離をしている。本を中心に断捨離しているのだけど、ブックオフに段ボール箱10箱くらい出したのに、まだたくさんある。漫画がほとんどである。
二階にあった大きな本棚。思い出がたくさんある本棚。本棚の上からジャンプで連載されてたBLEACHのカレンダー終わったやつが埃まみれで降ろされた。あと、私が科学クラブに小学生の頃所属してたとき作ったスライム瓶詰め。失敗したのでそのまま放置していた。
それを解体して粗大ゴミ。一大プロジェクトである。あと小さな本棚も捨てた。うちの家は父以外みんな本が好きなので個人個人で本棚を持っている。それでいて個人の部屋がないので物を定期的に整理しないと溢れかえるのである。
普通は独立していくのだけど、うちの家はそんな予定しばらくない。私は結婚に向いてないと常々思う。この前も家事の分担について妹と口論になった。料理は壊滅的。それでいて仕事人間かと問われればそれも違う。趣味ライフに勤しんでいるかといえばそうでもない。
でも、しいて言えば本はほんとに読んできたなと思った。偏りはあるかもしれないけど色々読んできた。本を売るときわくわくしたよな、これ…とか思いながら段ボールにしまう。名作は読んできた。つもりだ。
できるとしたら、同じく本が好きな人と友達みたいな生活ならできそうかもしれないと思った。知り合いのご夫婦は、本部屋を作った。これは私も夢だなあと思います。

Bluetoothのキーボード練習用日記

おはようございます。
朝の隙間時間にて打ってます。

最近したことを備忘録として書いていきますね。
映画を観に行きました。
怒り、です。
ひとつの殺人事件がおきて、3人の男性が周囲から疑われます。
松山ケンイチ君は宮崎あおいちゃん親子から。
森山未來君は沖縄で仲良くなった男の子から。
綾野剛君は彼氏から。ゲイカップルです。
この3人は別々の土地におり、関わることはありません。なのでそれぞれが一本の映画になれるくらいの濃いパターンを交互に見せられるわけです。
観終わった後の脱力感がハンパない映画でした。

ニューイヤーズイブという映画もDVDで観ました。
ニューヨークの大晦日の一日を描いた映画です。
何人も登場人物がいて、それぞれ過ごしたい人、
会いに走ろうとしているのは誰なのか推測しながら見ると楽しいです。
それこそ、年末に大事な人と一年を振り返りながら見たい話でした。

あと、妹が赤毛のアンの実写映画をレンタルしておりましたのでそれを眺めてました。
昨今の漫画実写化ブームはどうかと思いますが、この映画くらい綺麗にできてたら文句ないですね。
ちはやふる上の句は良かったです。

インシディアスというホラー映画も連作を観ています。海外ホラーってあまり怖くないのですが、こちらは韓国の方が監督らしくちょっとアジアンホラー入ってて面白いですよ。怖いのは怖いかな。


映画しか観てませんな。
ところで、ブルートゥースのキーボード買いました。それで日記を携帯の画面観ながら打ってます。
まだ慣れないので打ちづらいです。

しかし、これがあればどこでもパソコンある状態なので文章打てるかなあと。

それでは、会社行きます。

旅の記憶【夜景編】

8月末、物書き友達のサワムラさんと三重県の四日市市へ旅行に行ってきました。
私は三重に在中しているので遠くからサワムラさんには起こしいただきました。
本来なら車で地元の私がもてなすべきでしたが、私も今回初めて四日市を訪れましたので迷い迷いでした(笑)
四日市といえば、とんてきが名物です。
とんてきをランチに食べようとお店を駅周辺で探していたのですが、夜から開く居酒屋ばかりでなかなか見つかりませんでした。
ようやく見つけたお店はカフェでした。

こちらのそば粉のガレット。
ガレット自体食べ慣れてませんがピザみたいなものです、と言われて注文。おいしかったです!

ちょっと観光でもしよーということで、あすなろう鉄道なるものに乗ってみました。生活のために使っている人か鉄オタしか乗らないみたいです。乗り場もはずれにありましたので、もう少しアピールが必要では、と思いました。


このような無人駅に降りました。
お伊勢参りの弥次喜多に出てくる道を歩くためです。

って、えー、アピールこれだけ?!
あまり観光地化したくないのかな。

この松が東海道五十三次の名残松。
最後の一本らしいです。この道、松をズラーッと残していたほうがきっと観光客呼べただろうに。道幅は当時のままらしく狭いです。
なのに車の通りが多く不便なのではと思いました。この松にたどり着くまで結構歩きました。
風はありましたが暑かったので汗だくになってしまいましたよ。

と思ったら、上記のようなポスターをみました。あすなろう鉄道の明日を考える集い。
あのやる気のなさでは存続も危うかろう。

こちらは名物の萬古焼が展示と販売されてるばんこの里会館でぱしゃり。ここでは片手急須と珈琲カップを買いました。
軽くてとてもいいです。

いよいよ夜になり夜景を見学に行きました。
船に乗って観覧。台風が気になってましたが大丈夫でした。


ガイドのおっちゃんが、においないですねと言ってましたが、塩と油のにおいが微かに混じりおいしそーなラーメンの香りがしました。気にならないですよ。
最近、虹を見ました。
おまけです。

殿、利息でござる!

日曜日は、羽生選手ファンの方と「殿、利息でござる!」を観てきました。
羽生選手はちょい役なんだけど、後半にようやく出てくる殿さま役。
違和感なし!
殿さまにお金を貸して、その利息で潰れそうな宿場町にお金を還元しよう!という儲けなしのボランティアみたいな活動のためにお金集めに奔走するんだわ。殿さまは地方の殿さまだから、 位をあげるにもお金かかります。
で、肝心の殿さま。この方のためにどんだけ苦労するんだ、と思って殿の顔を拝んだらフィギュア界のプリンス。爽やかですね。この殿ならお金を集めてもいいわな、と思います。小さな宿場町から億単位のお金集めるのはめちゃ苦労されてましたが(笑)ところどころ、ボケもあったりして時代劇ですがとても観やすかったです。というのもベテラン俳優女優ばかりでしたからね。瑛太、妻夫木聡、阿部サダヲ、竹内結子、きたろう、寺脇康文、ジャニーズの子などなど。豪華ですねぇ。
私は羽生選手目当てというわけではないですが、この映画は観ただろうなと思いました。
そして、人情もので泣けます。映画館で久しぶりに涙を流してしまいました。笑って泣ける。お金って本当に大事ですね。生かすも殺すも人次第。お金をたくさん積めるからといって偉いのではないのです。どう使うかによるのですね。みんなが、一丸となってどうにもならなかったことから救ってみせる。素晴らしい映画でした。
この映画をみて、何かに一生懸命になるひとたちに影響受けました。
私も頑張ろう。
▲ページトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。