第2333回「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」です食欲の秋、運動の秋など○○の秋というフレーズがたくさんありますが、やっぱり「読書の秋」は欠かせません!小学生の頃にはよく「秋の読書月間」とかやっていたなぁと感じます普段、あまり私は読書をしないのですが、人生に迷いが出始めているのか、最近はビジネス書籍や自己啓発本を読む機会が増えてきた気が...
FC2 トラックバックテーマ:「最近読んでいる本や好きな本は何ですか?」



トラックバックテーマをあえて書いてみようと思います。
最近、読んだのは「プリンセスメゾン」です。



この漫画を読むきっかけといえば、同じ作者の「繕い裁つ人」に感動したからっていうのと、北川景子さん主演のドラマ「家を売る女」で家を買う話に興味をもったからでした。
この漫画は主人公の女の子が(独身・パートで年収250万ちょっと・家族なし)が家、マンションを買う話ですね。
4巻ではついに家を買ってます。
主人公の沼越さん、沼ちゃん以外にも女性の独り暮らし、家を買う人、引っ越しする人、生き方を考える人、様々な「女性」が物語を交差していきます。
人から生き方なんてどう思われてもいいんですよね。
家だって、買っていいんです。
沼ちゃんの一生懸命さや、一本筋が通ったところはかっこいいなと思いました。
不動産のみんなと仲良くなっていくのですが、ファンになるのは仕方ないことだと思いました(笑)
特に伊達さんがかなり彼女を買っているんですね。
実は気にかかっているという描写がちらほらあります。
恋愛ものじゃないので、そこは進まないですけど、寡黙な伊達さんが一目置いているのは確かです。
NHKでドラマ化したそうですが(DVD化しないってうそでしょ、まとめてみたい)伊達さんが高橋一生さんみたいです。
高橋一生さんはジブリの耳をすませばの天沢君の声みたいですね。
そこはともかく、今注目の俳優さんですよ。私も自然な演技が好きです。
伊達さんはめちゃ、はまり役だと思いました。

私も結婚してなくても、予定なくても、家を買ってみるという選択肢をつい考えてしまう漫画でした。
それを想像すると、切ないようで怖くて、でもわくわくしてしまいますね。
この漫画はそう思わせてくれる漫画です。
ただ今、4巻まで出ております。

スポンサーサイト

実は副業してます。

お金欲しさに副業してます!
でも、特技なんて特にないしなあと思っておりましたがライターの仕事みたいなの面白そうなのでちまちまやってます。
サグーワークスとか大手ですが、私は「クラウドワークス」というものに登録してみました。
主婦の方が特に活躍されているライティングの副業。
数ある仕事から自分が選んで作業します。
とあるサイトを閲覧してコメントをすること、とか。
レビューを書けとか。
画面を見て文章をテキスト化しなさい、とか。
私の初仕事は最近刊行された漫画の感想を400時以上。
承認されて入ってくるのは、26円。
でも、なんか嬉しいですよ。日記でよく書いていることをこのような場ではお金になるんですね。
とはいえ、一応縛りみたいなのがあるので三時間くらいかかりました。

サグーの方はプラチナ会員になればすごく儲かります。
テストがあって、文章能力をみるみたいですが合格するまで細かい添削をしてくれるみたいですね。
こっちは文章能力あがりそうですよね。
いずれはやってみたいです。

クラウドワークスは、趣味みたいなものですが、承認されるとちょっと嬉しいので飽きるまでやってみようと思います。
調べて文章を書く練習にもなります。

とか書きますと小説はどうしたどうしたと突っ込まれますね(^_^;)
こちらも、そろそろ書きはじめないといけませんな。
11月号の公募ガイド買いましたか。長編小説特集ですよ。
もちろん、買いました。
私はいつもプロットが甘いので書けなくなくなります。
ですが、根本的に書きたいものがあるのに、なにを書きたいのかわからなくなる自分がいるので、途中でとまることがわかりました。分析中なのですが、私が過去書いたものはだいたい同じテーマです。
でも、テーマに対する答えがみつかりません。
公募ガイドのインタビュー記事で、書きたいものを書くようにする、とありました。
もう少し勉強していこうと思ってます。

美しい漫画「北北西に曇と往け」



表紙に惹かれて買いました。
昔の少女漫画を思わせる海外が舞台。アイスランドですって。いいなあ。
手法もどこか懐かしさを思わせますが、新しい感覚もありとても、絵柄が綺麗。
動きもよくて、ドラマみてるみたいです。

車と話せて(ちょっとファンタジー)美女が苦手な主人公、17歳日本人の表紙の青年が主人公。
探偵やってます。
祖父がモテて、若い彼女います。美人。
その美人の人のところにも主人公と同じくらいの美人がいます。
この作者の描く女性は色っぽいですね。
男性も色っぽい。
前作は「乱と灰色の世界」という漫画を描いてました。
妹が買っておりましたが、私は未読です、すみません。
妹から言わしたら、少しお話の展開が合わなかったようですね。
今作はどうでしょうか。
一巻は面白かったですよ。
主人公に弟がいるんですけど、殺人の容疑で追われてます。
そんなはずがないと、主人公は合流できるのですが、どうやら彼は嘘をついているようで―という感じで終わってました。
ちょっと、気になりますよね!

注目作品です。

リアルな電気消滅映画、サバイバルファミリー

2fe0e1702048db8f.jpg

ウォーターボーイズとかの矢口監督が脚本・監督を務めた「サバイバルファミリー」をレンタルして観ました。
電気が完全につかえなくなって、サバイバル生活を余儀なくさせられる話です。

もうね、ほんとにリアル。
朝起きたら、完全に電気使えません。
で、車とか使えると思うでしょ。車も動かないんですよ。
電気を少しでも使っているものが完全に使えない。
携帯もわずかな充電あるかと思うでしょ、電源着かないんですよ。
原因は不明。

そう、情報を得る手段がないと、人間は自分で考えて行動しなくちゃいけなくて、自己判断が遅いと命とりになるんですね。

Yahoo!映画情報よりあらすじー。

鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。ある朝、目を覚ますと突然全ての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく近所中で同じことが起きていた。さらに電車も車もガスも水道も止まってしまい、家族全員途方に暮れる。そこで義之は、東京から出ようと決断し……。

うちの家族だったら、どうかなあ、とあーだこーだ言いながら見てました。
間違いなくうちの家族も鈴木家みたいに判断遅くて、大変な目にあいそうです。
途中、変な情報「大阪は電気がついているらしい」とかいうの聞いて、高速から降りて(自転車で走行)行くわけですが同じくゴーストタウン。
娘がお父さんについてったらこうなったと怒鳴るシーンは自分もしそうだと思いました。
そしたら奥さんが、お父さんは昔からこうでしょと酷いこと言うんですけど、お父さんのせいにしても始まらないわけですよね。
水族館の魚を炊き出しにしているのは笑いました。
いざとなればこうなりますよね。
冒頭で、食べ物を粗末にしてましたし、会話もない家族だったので、何か大事なことを教えてくれる映画だと思いました。
おじいちゃんから送ってきてくれた魚を「捌けない、いらない」「野菜に虫がついてる」などと言ってたわけです。
で、たまにはかえってこい、なんて電話で言ってくれますが、そのときは子供たちも田舎で何もないから嫌だなんて言ってたわけです。
でも、電気がとまると、釣りをしてて野菜を育ててくれている田舎を頼るしかありません。
東京から鹿児島まで、自転車で行くんですよ!
うちの家も田舎まで歩いていくかもしれません。
でもこの映画は日本が舞台なので、殺し合いや強奪がないので少しだけ安心して観られます。
まあ、一部の人はそうなっているのかもしれませんが。
ともかく、笑って泣ける映画なのは間違いありません。
家族と観られてはいかがでしょうか。

電気ってありがたいですね。

キノの旅もアニメ化リベンジです。

1507190292_1_1_3cab586da5486d202f6187aaef8be6b7.jpg

決して、黒星紅白さんのイラストがいけないわけではない。
ですが、アニメ向きとそうではないのがありますよね。

前作は、忠実に原作の雰囲気を壊さないように童話的な感じにしておりました。
でも、読者の頭の中には華麗に動くのキノがいたので、どうしてかつまらない印象になってしまっていたように思います。
少なくとも、私はそう(笑)

てなわけで奇跡が起こってですね、キノの旅もこのたび、再び、アニメ化なんですね。
一話を観た感想としましては。

「いい!」

です。アニメ向きのキャラデザ、構成。
非常に見やすいです。
ただ、モトラドの声は攻殻機動隊のタチコマみたいな女性の声が良かったなあと思ったりします。
好みの問題です。
キノの旅は、寓話的でありながらテーマが深いですね。
考えさせられる話が多いです。
人を食べている人らの話も怖かったなあ。
あの人のストーカーっぷりは楽しめるのだろうか。
師匠たちの話も好きだなあ。
でも、なんといってもキノの生い立ちの話ですね。
続き、楽しみにしてます。

原作、途中までしかないけど、続きを買おうかなと思いました。
電撃文庫でリベンジアニメしてほしいといえば「ブギーポップ」ですかね。
あとアニメ化してほしいのが「キーリ」。これは名作はやで。
福岡の方でイラストレーターさんの個展やるみたいで、キーリのイラスト祭りみたいです。
行きたい。でも遠い。

今年の秋はアニメファンタジー対決してますね。
魔法使いの嫁もやりますしね。

▲ページトップに戻る