市江さんと藤井さんの関係は素敵だ。

仕立人は、その人のために服を仕上げる。

おしゃれをするのは誰かのためだったり自分のためだったり。
ファッションに興味がなくても、このお話は服を着ている全ての人に繋がるものだと思いました。

主人公と丸福百貨店の人の関係も気になってきます。


プリンセスメゾンが秋にドラマ化しますが、会社の方から「繕い裁つ人」をお借りしましたので、全巻読破しました。
静かなお話ですが、優しい話ばかりではありません。
切ない、悲しい、楽しい、ほんわか……。
服を着ること=おしゃれ、とかいう単純な図式だけではないのだと気付かされます。
自分のために着る、誰かのために着る、機能性のために着る、人生の転換期だから着る。
私は特にファッションとか興味ないのですが、少し自分を顧みて本当に自分に似合う服が欲しいなと思いました。
仕立て屋さんはお金持ちしか頼まない。そう思うかもしれませんが、一生同じ服を繕い直したりして着ることは、お金のあるなしだけではない気がします。
とても、素晴らしい漫画でした。
私としては市江と藤井の関係がどうなるのか楽しみで読み進めた面があります。
納得のいく終わり方でした。
市江は祖母の仕事を受け継いだだけ、ではなく仕立て屋の仕事について自分なりの答えをみつけたんだと思います。
藤井も市江の繕う服に出会い、やるべきこと、目標がみつかって最後良かったと思いました。
中谷美紀さん主演の映画も観たくなりました。
妹は過去にみたことがあるようですが、最後少し曖昧なのが残念みたいです。
ただ、市江が繕った服たちが映画でどう再現されているのか気になります。
コバルト文庫から出ているヴィクトリアン・ローズテーラーシリーズを思い出しました。
繕う相手に寄り添って丁寧に仕事を仕上げる。
家売る女というドラマでも北川景子演じる三軒家がお客のためを思って家を売る。
女性が主人公で自分が手がける仕事への頑固さ、職人気質な物語はとても面白いですよね。

私には仕事に対してそこまでの情熱がない。
好きなこと、小説を書くこと自体でも迷いがいつだってあります。
羨ましい限りですが、どの物語の主人公も仕事に対して悩み、葛藤して自分なりの答えをみつけていきます。
強くてしなやかな女性たちに惹かれますね。

土曜日。
友達とランチ行ってきました。友達は同棲すると同時に遠くに行く予定です。
彼女も自分なりの考えを貫く覚悟が見えました。
なりゆき任せの私は恥ずかしくなりましたよ。何も考えずにいられる年齢ではなくなってきました。
これからの人生、切り開くのは自分しかいないんですよね、結局。
選択した際の責任をいつだって追いたくないから運任せなんです。

……色々がんばろうと思って週末でした(^_^;)
スポンサーサイト

エブリスタの短編投稿気軽にしてる。

こんにちは。
梅雨でじめじめ、じとじと鬱陶しいですね。
って冒頭では嘘になってしまうくらい最近、からっと晴れてますね。

最近、カクヨムではちゃんとしたやつ(あれでも)あげていて、
エブリスタではこのブログであげていたような散文っぽいやつを投稿してます。

三行からいけるお題小説の投稿が気軽でいい感じです。
プロットも何も考えずに、お題に沿った短いやつをあげています。

閲覧数はほとんどないですが(笑)

海と地下鉄あげました。

チョコは落ちました。

文章書かないと動けなくなるので、リハビリがてらいいと思います。

先日、銃について友達に相談しました。
ありがとうございます。

ライフル銃でも連射式はマシンガンみたいなやつで、単発式は一個一個弾を込めないと撃てないやつじゃないみたいです。
そこから勘違いしてました。
ですから、何発か装填。
レバーか何かひっかける。
弾準備。
引き金を引く。
発射。

これでいけます。
映像で勉強するのが一番ですね。
映画とか良く見ているのですが、そこらへん全く気にかかってなかったです。
今度、出てきたらよく眺めておこうと思います。
そもそもガンアクションをあまり見てないんですよね。

「PEACE MAKER」というヤングジャンプコミックスで銃がメインの漫画があるのですが。
これが映画化したらわかりやすそう。
銃アクションめちゃクールでかっこいいです。


明日は久しぶりの創作友達とご飯行きます。
楽しみだなあ。

物語における銃の描写について。

赤ずきん続きを書こうと思って止まってます。

なぜなら。

銃の描写ができないから!

銃を持つ。撃つ。

これだけの描写でも、部位がわからない。弾の数は? その世界感にあった銃は?

簡単でいいから創作銃でもいいから描写したいのだけど知識なさすぎてやばいです。


姿の理想はドライゼ銃というものなのですが、これは単発式で一発ずつらしいです。
弾をいちいちこめる描写をするのも忘れそうなので何発か連射させたい。

進化させたのが「Gew71」モーゼルM71。
八発入り管状弾倉なんだと。
もう少し進化させたのが、Gew88(5発撃てる)な。
連発ボルトアクションライフル。
この連発ボルトアクションライフル、メーカーとか何でもいいから使い方と部位説明求む。
部位のサイトあったけど、どこに弾をこめるとか書いてない。
使い方全く想像できませぬ……。

とりかえずライフルがいいのだけどさー。マタギの世界と狩猟の世界とクマを撃っている残酷な動画みたりしてもわからないのでした。

一言も出てこないので、もう少し勉強しようと思います。

久しぶりの創作活動。

カクヨムにて以前から言っていた(その以前がだいぶ前)「LOSERは遠吠えしない」をようやくアップしました。

これは既にプロットがあるので、書く作業が中心となってきます。
で、久しぶりに新作を考える余裕ができたので、この前ファミレスで新ネタ一話目を考えてみました。

ネタは、いつも考えているんですよ。
ただ、まとめることをしてなかったので霧散していました。
書きたいという衝動にまで至らなかったんですね。
ところがようやく書きたい……かもしれないといネタが浮かびました。
友人がコバルトで二次通過していることや、また別の友人がカクヨムをどんどん更新していることも刺激となりました。

ちょっと最近、色々ありすぎて創作から離れてましたが、今は創作モードです。
カクヨムの「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」興味あります。

波がございますが、今のうちにがんばりたいです。

新ネタの影響で私は植物園に行きたいです。

木もれ日を縫う、読了。



谷瑞恵さんは好きな作家さんの一人です。
ただ、この「木もれ日を縫う」が出たときに、特に興味がわきませんでした。
三姉妹と母の話でしょ、と思ったのです。

ただ、最近少し考え直して、私も三姉妹だしと思って買って読んでみました。
結果、これには泣きました。
久しぶりに読書で涙が出ましたよ。

内容は、バラバラになって暮らしている三姉妹の元に失踪したはずの母が戻ってきます。
ところが、母なんだけど、どこか母じゃないような違和感を感じます。
この女性は母なのか。
何のために三姉妹のもとへ現れたのか。
真相を知ったとき、母親の愛を感じました。
山姥伝説とも絡めて「母」や女性を色々な角度から描いています。
母はパッチワークが好きだったのですが、色々な端切れを合わせるようにバラバラだった三姉妹と母親とを家族に戻していきます。
優しくて悲しいミステリーです。
あと、地元の名前が出てくるのも親しみを感じました。
このあたりは山姥伝説があるのかもしれません。




あと、このBの戦場。
主人公は「ブス」なんですけど、結婚に縁がないなら作る側にまわろうと思って結婚式場に勤めてます。
一生懸命、仕事をしてて、とても好感のもてる主人公です。
ブスとしても、悲しく思うときもありますが前向きに仕事をしているのです。
このブスという表現は出てきますが、どこがどうとか出てこないのも悲観的にならずに読めていいですね。
で、絶世のブスを探していました! とか何とか支離滅裂のことを言って求婚してくるイケメン上司が現れます。
ここまでは、ご都合主義な設定と思ってしまいますが、このイケメン本当にひどい変態です(笑)
主人公がすぐに付き合わないのわかります。
怖いし、言っていることが失礼すぎます。
どうして、ブスがいいのか、その理論に確かに主人公じゃなくてもひきます。
私が主人公でイケメンが出てきてもこんな性格なら付き合うのは悩みます。
それくらいヤバい奴ですよ!

笑えるし、ドキドキもしますし、お仕事小説でもあるし、ドラマ化してほしいですね。
後半でしてしまう主人公の失態には私も「ひやっ」としました。
リアルです、このミス。
ドラマとしたら、誰が絶世のブス役をするのか難しいところです。
小手先のブスではいけませんからね(小手先のブスとはいったいどんなものかは本文参照)
私も、お世辞にも美人とはいえませんが、ブスブス言っている内容なのに清々しい気持ちになれる小説とは珍しいです。
前向きな主人公のおかげだと思います。
続き希望!


……Bの戦場は一晩で読めました。
面白くてです。
良作に巡り合えたので記しておきます。

▲ページトップに戻る